ニュース

186人分のワクチン廃棄、大阪 市内の特養、保管誤る

2021/6/1 17:59

 大阪市は1日、市内の特別養護老人ホーム内の診療所で新型コロナウイルスワクチンの保管方法を誤り、186人分を廃棄する事例があったと発表した。

 市によると、ワクチンは5月31日に診療所に配送されたが、職員が冷凍庫ではなく、冷蔵庫に保管した。別の職員が誤りに気付いて冷凍庫に移し替えたが、国の手引で再冷凍は禁止されているため使用できなくなった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 職場接種、最大269会場で (6/18)

     河野太郎行政改革担当相は18日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの職場接種について、本格開始の目安としている21日までに最大269会場で接種が始まると明らかにした。現時点で計3258会場から申...

  • 大学接種、16校が21日開始 (6/18)

     萩生田光一文部科学相は18日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの学内接種を申請した大学が17日時点で174校に上り、うち16校は64歳以下の一般接種が企業などで拡大する21日に開始する予...

  • 接種会場、熱中症予防を (6/18)

     厚生労働省は新型コロナウイルスワクチンの接種会場で高齢者らが熱中症にならないよう、自治体に対策を求める通知を環境省と連名で出した。高齢者はもともと発症リスクが高い上、会場ではマスク着用で体内に熱がこ...

  • ブラジル株は従来株と同等 (6/18)

     国が監視対象にしている変異株のブラジル株(ガンマ株)は、従来流行していたウイルスと同程度の病原性と増殖性であるとの研究結果を東京大医科学研究所の河岡義裕特任教授らのチームが17日付の米科学アカデミー...

  • 国公立大100校超、接種へ (6/17)

     学生や教職員を対象にした新型コロナウイルスワクチンの大学接種について、国公立大103校が実施を決定したか、実施する方向で検討していることが17日、共同通信の調査で分かった。うち13校は6月中に始める...