ニュース

中国、H10N3型が人に感染 鳥インフル、世界初か

2021/6/1 18:09

 【上海共同】中国国家衛生健康委員会は1日、江蘇省鎮江市の男性(41)から鳥インフルエンザ(H10N3型)が検出されたと発表した。同委員会によると、H10N3型の人への感染が確認されたのは世界初。「偶発的な感染で、大規模な流行が起こるリスクは極めて低い」としている。

 専門家は「人から人への感染が起こっていないので、現時点で恐れる必要はない」と指摘した。

 男性は4月23日に発熱。症状が悪化し、同28日に医療機関で治療を受けた。現在も入院中だが状態は安定している。同委員会は感染の状況などを明らかにしていない。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • USJが職場接種を開始 (6/21)

     ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市此花区)は21日、ダンサーらエンターテイナーや社員など約1万人を対象とした新型コロナウイルスワクチンの職場接種を始めた。来場者と接する機会の多い園内勤...

  • ワクチン大学接種開始 (6/21)

     学生や教職員を対象とした新型コロナウイルスワクチンの大学接種が21日、始まった。企業の職場接種も広がり、64歳以下への一般接種が本格化。菅義偉首相は希望する国民への接種を10〜11月に終えると表明し...

  • 国内1308人感染、20人死亡 (6/20)

     国内で20日、新たに1308人の新型コロナウイルス感染者が確認された。東京376人、神奈川162人、大阪106人、千葉103人など。緊急事態宣言延長の沖縄は61人。死者は愛知4人、大阪3人、北海道と...

  • 12歳以上「夏休み中に接種を」 (6/20)

     河野太郎行政改革担当相は20日の日本テレビ番組で、新型コロナウイルスワクチンに関し、夏休みを利用して12歳以上の児童、生徒への接種を進めたいとの意向を表明した。「子どもたちや学生には夏休み中に打って...

  • 高齢者施設検査、半数にとどまる (6/20)

     新型コロナウイルス感染防止策として菅義偉首相が打ち出した高齢者施設で働く職員らへの集中的なPCR検査で、4月以降に検査を受けた施設が約半数にとどまっていることが20日、厚生労働省の調査で分かった。4...