ニュース

生活保護申請、2・3%増 20年度、新型コロナ影響

2021/6/2 12:12
 生活保護の申請件数の推移

 生活保護の申請件数の推移

 2020年度1年間の生活保護申請件数が計22万8081件(速報値)に上り、前年度から5039件(2・3%)増えたことが2日、厚生労働省の集計で分かった。新型コロナの感染拡大が長引き、雇用情勢が悪化したことが影響した。上昇に転じるのは、リーマン・ショック後の09年度以来では初めて。

 厚労省は同日、3月の生活保護申請件数も発表。2万2839件となり、前年同月と比べて8・6%増えた。前年同月からの増加は7カ月連続で、増加幅は昨年9月の1・7%から、月ごとに少しずつ大きくなっている。

 3月から生活保護を受け始めた世帯は2万336世帯で、前年同月比8・7%増えた。


この記事の写真

  •  厚生労働省などが入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • JR東日本のトラブル「遺憾」 (6/22)

     赤羽一嘉国土交通相は22日の閣議後記者会見で、JR東日本の変電所の送電が止まって山手線などが運転を見合わせた20日のトラブルについて「多くの乗客が長時間にわたって車内で待つことを強いられたのは遺憾」...

  • 横浜で国際園芸博開催へ (6/22)

     政府は22日、国際園芸博覧会を2027年に横浜市で開催するため、博覧会国際事務局へ認定申請することを閣議了解した。同種の国際園芸博の国内開催は、1990年に大阪市で開かれた「国際花と緑の博覧会(花の...

  • ウーバージャパン書類送検 (6/22)

     不法残留しているベトナム人らを配達員として働かせたとして、警視庁組織犯罪対策1課は22日、入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで、食事宅配サービス「ウーバーイーツ」を運営していた日本法人「Uber ...

  • 「赤木ファイル」に佐川氏 (6/22)

     森友学園の国有地売却問題を巡る財務省の決裁文書改ざんで2018年3月、自殺に追い込まれた近畿財務局の元職員赤木俊夫さん=当時(54)=が改ざんの過程をまとめた「赤木ファイル」が22日、妻雅子さん(5...

  • 記述式・英語検定、断念へ (6/22)

     大学入試の在り方を検討する文部科学省の有識者会議は22日、2025年1月以降の大学入学共通テストにおける英語民間検定試験と記述式問題の導入について「実現は困難と言わざるを得ない」とする提言案を示した...