ニュース

自然保護区の石油開発貸与中止 米政権、アラスカ州北部

2021/6/2 10:43
 北極国立野生生物保護区に生息するホッキョクグマの親子=2007年(ロイター=共同)

 北極国立野生生物保護区に生息するホッキョクグマの親子=2007年(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】バイデン米政権は1日、アラスカ州北部の自然保護区内で石油や天然ガスの開発、採掘を目的とした事業者への土地の貸与を中止すると発表した。トランプ前政権が昨年認める方針を示し、バイデン大統領は前政権の計画が法的に妥当かどうかの確認を担当の内務省に指示。同省は手続きに欠陥があったと判断した。

 対象の土地は北極国立野生生物保護区の一部で、ホッキョクグマやトナカイが生息。民主党や環境保護団体、先住民らは自然破壊だと反対してきたが、アラスカ州では雇用や経済成長を期待して支持する意見もあった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 12歳以上「夏休み中に接種を」 (6/20)

     河野太郎行政改革担当相は20日の日本テレビ番組で、12歳以上の児童、生徒への新型コロナウイルスワクチン接種について「子どもたちや学生には夏休み中に打ってもらいたい」と述べた。ワクチンは米ファイザー製...

  • 毎年3千億円の運用益必要 (6/19)

     世界の大学と競合する国内の研究機関を政府がてこ入れする10兆円の「大学基金」を巡り、毎年3千億円の多額の運用益が必要とする試算を、内閣府作業部会の有識者が19日までにまとめた。助成対象を六つの大学と...

  • 主要企業の97%、職場接種へ (6/19)

     新型コロナウイルスワクチンの職場接種に関し、主要116社のうち、97%に当たる112社が実施する意向であることが19日、共同通信のアンケートで分かった。対象は少なくとも計約200万人。59%(69社...

  • 国内1520人感染、28人死亡 (6/19)

     国内で19日、新たに1520人の新型コロナウイルス感染者が確認された。内訳は東京388人、神奈川182人、千葉119人、大阪111人など。死者は北海道と愛知でそれぞれ6人、大阪で5人など計28人。厚...

  • 大阪で111人感染 (6/19)

     大阪府は19日、新型コロナウイルスに111人が感染し、5人が死亡したと発表した。府内の感染確認は10万2334人、死者は2589人となった。 亡くなったのは70〜90代の男女で、死亡日は5月27日〜...