ニュース

東証、午前終値は2万8946円 一進一退の展開

2021/6/2 12:06

 2日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は前日終値を挟んで一進一退の展開となった。米ハイテク株安が重荷となり、取引開始直後は売り注文が先行し、下げ幅は一時200円を超えた。国内で新型コロナのワクチン接種が加速するとの見方から買い戻しの動きも出た。

 午前終値は前日終値比132円50銭高の2万8946円84銭。東証株価指数(TOPIX)は16・32ポイント高の1942・50。

 米長期金利の上昇を警戒し、米株式市場でナスダック総合指数が下落。この流れを引き継いで売り注文が出る一方、ワクチン接種が進む期待から経済正常化を見込んだ買いも入り売買が交錯した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 日銀、気候変動対応を後押し (6/18)

     日銀は18日、気候変動問題に対応する民間金融機関の投融資を促進するため、資金を有利な条件で供給する新たな仕組みを年内をめどに導入すると決定した。黒田東彦総裁は会合後に開いた記者会見で「金融政策面で気...

  • 為替相場  18日(日本時間18時) (6/18)

    18時現在           1ドル=             110円13銭〜          110円17銭    前日比  +0円46銭   1ユーロ=            131円19銭...

  • マグロ、今年も漁獲枠拡大提案へ (6/18)

     水産庁は18日、太平洋クロマグロの漁獲枠を話し合う国際会議を前に、漁業関係者向けの説明会を開いた。出席者からは漁獲枠の拡大を求める意見が相次ぎ、水産庁は7月の国際会議で増枠を提案する方針を示した。国...

  • 中国通販セール、大幅拡大 (6/18)

     【北京共同】中国で毎年恒例のインターネット通販セール「618」が18日、本番を迎えた。新型コロナウイルス流行による打撃からの消費回復を追い風に、各社が取引額の大幅な拡大を実現。ただ中国当局が電子商取...

  • 東証3日続落、54円安 (6/18)

     18日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は3営業日連続で値下がりした。終値は前日比54円25銭安の2万8964円08銭。外国為替市場で円高ドル安が進んだことで輸出関連銘柄が売られ、相場の重しと...