ニュース

東証反発、終値131円高 ワクチン接種加速を期待

2021/6/2 16:13
 東京証券取引所

 東京証券取引所

 2日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反発した。終値は前日比131円80銭高の2万8946円14銭。国内で新型コロナウイルスワクチンの接種が加速するとの期待から、経済活動の本格的な再開を見込んだ買い注文が入った。

 東証株価指数(TOPIX)は16・15ポイント高の1942・33。出来高は約12億4800万株。

 職場や大学での一般接種を21日から開始可能にするとの前日の政府発表が買い材料となった。日本航空やJR東海、三越伊勢丹ホールディングスなど新型コロナで打撃を受けた銘柄が上昇した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京株式 22日14時     (6/22)

    <225種>          28868円47銭      前日比 +857円54銭  <TOPIX>         1958.17        前日比 +58.72    

  • 為替相場  22日(日本時間14時) (6/22)

    14時現在           1ドル=             110円45銭〜          110円49銭    前日比  −0円43銭   1ユーロ=            131円47銭...

  • 英、TPP加盟国と交渉へ (6/22)

     【ロンドン共同】英政府は21日、日本が参加する環太平洋連携協定(TPP)への加入に向け、加盟国との交渉を22日に始めると発表した。英国は欧州連合(EU)からの離脱に伴い、世界各国との連携を深める「グ...

  • 日産、3年連続赤字「必ず回避」 (6/22)

     日産自動車は22日、横浜市の本社で定時株主総会を開いた。日産の連結純損益は2022年3月期まで3年連続の赤字となる見通しだが、内田誠社長兼最高経営責任者(CEO)は「今年4、5月の業績は回復の兆しを...

  • 東証、午前終値は2万8822円 (6/22)

     22日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は急反発し、上げ幅は一時800円を超えた。前日の米国株の上昇を好感して、東京市場でも幅広い銘柄に買い注文が広がった。 午前終値は前日終値比811円3...