ニュース

ガソリン、26週ぶり値下がり 全国平均152円50銭

2021/6/2 15:44
 ガソリンスタンド

 ガソリンスタンド

 経済産業省が2日発表した5月31日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、24日時点の前回調査と比べて10銭安い152円50銭だった。調査のなかった大型連休を除き、26週ぶりの値下がりとなった。

 調査した石油情報センターによると、米イランの核合意再建に向けた間接協議が一時進展したとの報道で供給増の観測が広がり原油価格が下落、小売価格にも反映された。来週は新型コロナウイルスワクチン接種の普及で欧米中心に経済活動が回復傾向にあるとして、値上がりを予想した。

 ハイオクは1リットル当たり10銭安い163円30銭。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • ガソリン3週連続値上がり (6/23)

     経済産業省が23日発表した21日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、14日時点の前回調査と比べて1円10銭高い155円60銭だった。値上がりは3週連続。

  • 東京株式 23日14時     (6/23)

    <225種>          28891円21銭      前日比  +07円08銭  <TOPIX>         1950.86        前日比 −08.67    

  • 為替相場  23日(日本時間14時) (6/23)

    14時現在           1ドル=             110円79銭〜          110円83銭    前日比  −0円31銭   1ユーロ=            132円06銭...

  • リニアルートの変更「ない」 (6/23)

     JR東海の宇野護副社長は23日の定時株主総会で、リニア中央新幹線の東京・品川―名古屋のルートに関し「変更はあり得ない」と強調し、現行のルートでの建設を進める方針を表明した。今月20日の静岡県知事選で...

  • みずほ社長が株主に謝罪 (6/23)

     みずほフィナンシャルグループ(FG)は23日、東京都内で定時株主総会を開いた。傘下のみずほ銀行で相次いだシステム障害に関し、坂井辰史社長が「新型コロナウイルス感染拡大で日本全体が困難に直面する中、皆...