ニュース

現役世代の生活保護世帯増加 コロナ禍、減少傾向から一転

2021/6/2 16:59
 厚生労働省

 厚生労働省

 厚生労働省が2日に発表した3月の生活保護受給者の調査結果で、母子世帯などを除く64歳以下の現役世代の受給世帯数が24万7682世帯となり、前年同月と比べて2・7%増えたことが分かった。新型コロナウイルス感染拡大前は現役世代は減少傾向にあったが、コロナ禍での雇用情勢の悪化で増加に転じた。

 母子世帯や障害者世帯などを除く64歳以下の受給世帯は昨年3月の24万1161世帯から12カ月連続で増え続けている。

 厚労省はホームページで「生活保護の申請は国民の権利」とし「ためらわずに相談してください」と制度の利用を促している。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 陸自、英国加え米豪と上陸訓練 (6/24)

     陸上自衛隊は24日、離島防衛専門部隊「水陸機動団」(長崎県佐世保市)がオーストラリア陸軍、米海兵隊、英国海兵隊と水陸両用作戦の共同訓練「タリスマン・セイバー」を実施すると発表した。これまで参加国が日...

  • 網走沖でミンククジラ初水揚げ (6/24)

     北海道網走市で24日、ミンククジラが初水揚げされた。網走沖では昨年、8月に始めた漁が高い海水温などが原因で不振だったため、今年は捕鯨業者が時期を早めた。商業捕鯨は再開3年目で、水産庁によると、今年の...

  • エアコンから異臭、26人搬送 (6/24)

     24日午後2時5分ごろ、神奈川県平塚市田村3丁目の県立平塚湘風高で「エアコンをつけたら異臭がして、生徒が目や喉の痛みを訴えている」と119番があった。県警平塚署によると、2年生26人が病院に搬送され...

  • 父親「幸せ全て壊れた」 (6/24)

     東京女子医大病院で2014年、鎮静剤プロポフォールを大量投与された後に死亡した孝祐ちゃん=当時(2)=の両親が損害賠償を求めた訴訟で、医師の過失を認めた24日の東京地裁判決を受け、父親は取材に「判決...

  • 滋賀の場外着弾、陸自トップ謝罪 (6/24)

     滋賀県の陸上自衛隊饗庭野演習場で迫撃砲の砲弾が場外に落下した問題で、陸自トップの吉田圭秀陸上幕僚長は24日の記者会見で「地元の自治体、住民の皆さまに対し、多大なるご不安とご心配をお掛けしたことを心か...