ニュース

国民投票法改正で環境悪化 参考人指摘、9日採決提案

2021/6/2 20:33
 参院憲法審で参考人として意見を述べる名古屋学院大の飯島滋明教授=2日午後

 参院憲法審で参考人として意見を述べる名古屋学院大の飯島滋明教授=2日午後

 参院憲法審査会は2日、憲法改正手続きに関する国民投票法改正案を巡り、参考人質疑を実施した。立憲民主党などが推薦した憲法学者は、投票環境向上が目的の改正案には公平性確保に課題が残り「むしろ悪化の可能性が高い」と指摘。立民も、不備のある改正案を前提とする改憲発議は違憲判決を招きかねないと同調した。与党は幹事会で9日の採決を提案したが、野党との隔たりが改めて浮き彫りとなった。

 質疑には与野党が推薦した4人が出席した。名古屋学院大の飯島滋明教授は、改正案に盛り込まれた期日前投票時間の弾力化により、投票時間が短くなるケースが出かねないと解説した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 東京都国立市、五輪中止を求める (6/24)

     東京都国立市議会は24日、新型コロナ禍の中での東京五輪・パラリンピックを中止、延期するよう、政府や都に求める意見書を賛成多数で可決した。都内では今月、同じ多摩地域の小金井市議会も中止を求める意見書を...

  • 野党、森友調査報告書の修正要求 (6/24)

     財務省は24日、森友学園の国有地売却を巡る決裁文書改ざんで、自殺に追い込まれた近畿財務局の元職員赤木俊夫さん=当時(54)=が残した「赤木ファイル」を国会に開示した。ファイルには佐川宣寿元理財局長が...

  • 小此木公安委員長、25日に辞任 (6/24)

     小此木八郎国家公安委員長(56)=自民、衆院神奈川3区=は25日に閣僚を辞任する意向を固めた。横浜市長選(8月8日告示、同22日投開票)に立候補するためで、現職閣僚による異例の転出となる。複数の政権...

  • 都議選25日に告示、衆院選視野 (6/24)

     任期満了に伴う東京都議選(定数127、7月4日投開票)が25日に告示され、新型コロナ対策や東京五輪・パラの在り方を主な争点に、9日間の選挙戦が始まる。秋までに実施される衆院選の前哨戦として、各党は国...

  • 黒田総務次官、留任へ (6/23)

     政府は23日、総務省の黒田武一郎事務次官(61)を留任させる方針を固めた。次の事務次官候補として有力視されていた旧郵政省出身の谷脇康彦前総務審議官(60)が、NTTや東北新社から違法接待を受けたとし...