ニュース

世界の就労時間8・8%減 コロナ影響、減少傾向続く

2021/6/2 20:41

 【ジュネーブ共同】国際労働機関(ILO)は2日、新型コロナウイルス流行の影響で、2020年の世界全体の総就労時間が前年比8・8%減少したとの試算を発表した。週48時間勤務の常勤労働者に換算すると、2億5500万人が職を失ったのと同じ計算となる。

 就労時間の減少は21年も続いており、1〜3月期は4・8%減、4〜6月期は4・4%減となる見通し。ILOは「(雇用の)危機は決して去っていない」と警鐘を鳴らしている。

 最も大きな影響を受けている中南米や欧州は、21年1〜3月期に8%超、4〜6月期も6%を超える減少幅になると見込まれている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 米、量的緩和の縮小先行 (6/23)

     【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は22日の米議会下院の公聴会で、着実な景気回復まで粘り強く金融緩和を続ける考えを強調した。同時に政策目標の一つである雇用の拡大が進んでい...

  • 日銀総裁、国内外の経済情勢報告 (6/23)

     菅義偉首相と日銀の黒田東彦総裁が23日、首相官邸で会談した。黒田氏は会談後、記者団の取材に応じ「内外の経済情勢、金融資本市場動向といったことについて説明した」と語った。首相から要望などはなかったとい...

  • ガソリン3週連続値上がり (6/23)

     経済産業省が23日発表した21日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、14日時点の前回調査と比べて1円10銭高い155円60銭だった。値上がりは3週連続。

  • 東京株式 23日14時     (6/23)

    <225種>          28891円21銭      前日比  +07円08銭  <TOPIX>         1950.86        前日比 −08.67    

  • 為替相場  23日(日本時間14時) (6/23)

    14時現在           1ドル=             110円79銭〜          110円83銭    前日比  −0円31銭   1ユーロ=            132円06銭...