ニュース

世界の就労時間8・8%減 コロナ影響、減少傾向続く

2021/6/2 20:41

 【ジュネーブ共同】国際労働機関(ILO)は2日、新型コロナウイルス流行の影響で、2020年の世界全体の総就労時間が前年比8・8%減少したとの試算を発表した。週48時間勤務の常勤労働者に換算すると、2億5500万人が職を失ったのと同じ計算となる。

 就労時間の減少は21年も続いており、1〜3月期は4・8%減、4〜6月期は4・4%減となる見通し。ILOは「(雇用の)危機は決して去っていない」と警鐘を鳴らしている。

 最も大きな影響を受けている中南米や欧州は、21年1〜3月期に8%超、4〜6月期も6%を超える減少幅になると見込まれている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 吉本興業、大阪で土日公演再開 (6/20)

     吉本興業は20日、新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言の解除を受け、「なんばグランド花月」など大阪市内3カ所で観客を入れた土日の公演を26日から再開すると発表した。 「よしもと祇園花月」(京都市)...

  • 神奈川で162人感染 (6/20)

     神奈川県で20日、162人の新型コロナウイルス感染が明らかになった。県と横浜、川崎、相模原、横須賀、藤沢の各市が発表した。 相模原市では、クラスター(感染者集団)が発生した市内の製造会社で新たに従業...

  • 埼玉で72人感染 (6/20)

     埼玉県で20日、72人の新型コロナウイルス感染が確認された。県とさいたま、川口、越谷、川越の各市が発表した。 さいたま市によると、このうち市内のダンススタジオで生徒と従業員計13人の感染が確認された...

  • 茨城で17人感染 (6/20)

     茨城県と水戸市は20日、17人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。 県によると、クラスター(感染者集団)が発生した流通経済大ラグビー部で新たに部員6人の感染が判明。陽性確認は部員、職員の計...

  • 東京都で376人感染、1人死亡 (6/20)

     東京都は20日、新型コロナウイルスの感染者が376人報告されたと発表した。直近7日間を平均した1日当たりの人数は388人で、前週比101%。入院患者のうち、重症者は前日から2人増の45人だった。80...