ニュース

犯罪被害救済に8億円給付 20年度、警察庁集計

2021/6/3 10:47

 2020年度に犯罪被害給付制度に基づいて事件の被害者や遺族に支払われた給付金は総額8億2509万円だったことが3日、警察庁の集計で分かった。前年度から2億427万円減で、給付対象となった被害者は263人だった。

 内訳は、遺族が対象の「遺族給付金」が103人で約6億767万円。けがなどをした被害者への「重傷病給付金」は98人で約2405万円、障害が残った場合の「障害給付金」が62人で、約1億9336万円だった。

 警察庁は296人について裁定し、不支給は33人。理由は「給付金を上回る労災補償などを受領」が最も多かった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 滋賀県立大の姜徳相名誉教授死去 (6/12)

     関東大震災時の朝鮮人虐殺の研究で先駆的な役割を果たした滋賀県立大名誉教授の姜徳相(カン・ドクサン)氏が12日、悪性リンパ腫のため東京都の病院で死去した。89歳。現在の韓国慶尚南道咸陽郡出身。葬儀・告...

  • 家賃補助支給、1年で34倍 (6/12)

     生活に困っている人の家賃を公費で補助する「住居確保給付金」の新規支給決定件数が2020年度の速報値で計約13万5千件に上り、19年度の3972件から34倍に増えたことが12日、厚生労働省のまとめで分...

  • コロナ拡大で交通事故死減少 (6/12)

     2020年の交通事故の死者数が、新型コロナウイルスの感染が拡大した時期に少なくなっていたことが21年版交通安全白書の原案で12日、判明した。経済や社会生活に大きな影響を及ぼした外出自粛が、死亡交通事...

  • 逃走のオオカミ犬2頭捕獲、長野 (6/12)

     長野県富士見町の住宅から逃走していた体長約1メートルの「オオカミ犬」2頭が12日午後、県警などによって捕獲された。けが人はいなかった。オオカミ犬は飼育に許可が必要な特定動物に指定。飼い主の男性はブリ...

  • ロシア職員、出頭せず出国 (6/12)

     在日ロシア通商代表部職員に渡す目的を隠して、元調査会社経営の男が不正に軍事技術関連の文献を入手したとされる事件で、神奈川県警の出頭要請を受けていた通商代表部職員が12日、羽田空港からロシアへ出国した...