ニュース

大火砕流30年、犠牲者を追悼 遺族「災害の脅威伝える」

2021/6/3 12:09
 雲仙・普賢岳の大火砕流から30年を迎え、追悼碑に献花する遺族=3日午前、長崎県島原市

 雲仙・普賢岳の大火砕流から30年を迎え、追悼碑に献花する遺族=3日午前、長崎県島原市

 長崎県の雲仙・普賢岳で消防団員や警察官、報道関係者ら43人が犠牲となった1991年6月3日の大火砕流から30年となった3日、同県島原市の「仁田団地第一公園」で追悼式が開かれた。消防団員だった大町安男さん=当時(37)=を亡くした妻の寿美さん(64)は遺族代表あいさつで「これからも噴火災害の脅威を新しい世代へ伝え、風化させないよう努めていく」と述べた。

 式には遺族や消防関係者など約150人が参列し全員で黙とう。島原市の古川隆三郎市長は式辞で「大自然が引き起こす脅威を歴史から学び、火山が育んだ大地の恵みを大切にし、災害で得た教訓を後世につなぎたい」と話した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 建設石綿、企業責任は国より重い (6/16)

     建設アスベスト(石綿)訴訟原告らが16日、被告の国との和解が実現する見通しとなったことを受けて東京・日比谷公園で集会を開いた。「建材メーカーの責任は国より重い」などと訴え、今後、石綿を含む建材を製造...

  • SNS不適切投稿の判事を訴追 (6/16)

     ツイッターなど会員制交流サイト(SNS)に裁判当事者を傷つける不適切な投稿をしたとして、当事者らが罷免を求めていた仙台高裁の岡口基一判事(55)について、国会の裁判官訴追委員会は16日、裁判官弾劾裁...

  • 凍死の中2女子、いじめを相談 (6/16)

     北海道旭川市で今年3月、中学2年の女子生徒=当時(14)=が凍死しているのが見つかった問題で、女子生徒が昨年11月、民間の子ども相談室に電話で「SNSを通じて攻撃された」といじめの相談をしていたこと...

  • 鹿児島4歳女児死亡受け提言 (6/16)

     鹿児島県出水市で2019年8月、大塚璃愛来ちゃん=当時(4)=が死亡し母の交際相手の男性(23)が暴行容疑で逮捕、処分保留で釈放された事案を巡り、専門家でつくる市児童虐待再発防止検討委員会は16日、...

  • 福祉施設、耐震化進まず (6/16)

     子どもや障害者、高齢者らが利用し、地震で倒壊する危険性のある社会福祉施設のうち、2018〜20年度の3年間で耐震化を終えたのは500カ所で、国が目標とした4120カ所の12%にとどまることが16日、...