ニュース

五輪・パラ、オンライン診療活用 東京都、医師削減策で検討

2021/6/3 18:20

 東京五輪・パラリンピック期間中、東京都などが競技会場と最寄り駅を結ぶ「ラストマイル」に設置する救護所でオンライン診療の導入を検討していることが3日、大会関係者への取材で分かった。1人の医師が複数の救護所を担当し、映像を通じて患者の状態を確認することで地域医療への負担軽減を図る。

 大会中、ラストマイルの医療は観客やボランティアの熱中症対応などが主な役割となり、都が体制整備を担う。新型コロナウイルスの感染状況や観客数の設定を踏まえ、東京都医師会と協議しながら必要な医師や救護所の数を検討している。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • 大谷が本塁打競争出場へ (6/19)

     【アナハイム共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(26)が18日、自身のインスタグラムでオールスター戦(7月13日・デンバー)前日恒例の本塁打競争への出場を表明した。日本選手では初となる。「本塁打...

  • 五輪新競技に山岳スキー (6/19)

     【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)は18日、2026年ミラノ・コルティナダンペッツォ冬季五輪の追加競技として山岳スキーの採用を7月の総会(東京)に諮ると発表した。スキーと登山を融合し...

  • 藤田ら新たに3人内定 (6/19)

     日本パラサイクリング連盟は18日、東京パラリンピックの自転車代表内定選手を発表し、新たに男子の藤田征樹(藤建設)川本翔大(大和産業)と女子の藤井美穂(楽天ソシオビジネス)の3人が選ばれた。既に代表に...

  • 五輪報道で配慮を (6/19)

     政府の新型コロナ対策分科会の尾身茂会長らでつくる専門家有志の会は18日、東京五輪・パラリンピックを報道するに当たり、感染拡大につながりかねない報道を避けるよう求める要望書を日本新聞協会と日本民間放送...

  • 感染拡大なら五輪継続困難 (6/18)

     政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長ら専門家有志は18日、東京五輪・パラリンピックについて、無観客が最もリスクが低く、望ましいとする提言を発表した。尾身氏は記者会見で、最近までの大阪...