ニュース

「男性版産休」新設、計4週間 取得意向確認を企業義務に

2021/6/3 18:44
 改正育児・介護休業法が可決、成立した衆院本会議=3日午後

 改正育児・介護休業法が可決、成立した衆院本会議=3日午後

 父親が育児のために休みを取得しやすくする改正育児・介護休業法などが3日、成立した。子どもが生まれて8週間以内に夫が計4週分の休みを取れる「出生時育児休業(男性版産休)」を新設。来年4月からは企業に対し、従業員が休みを取る意向があるかどうかを確認するよう義務付ける。夫婦が協力して家事や育児を担い、安心して子育てできる環境の整備を後押しし、少子化に歯止めをかける狙いがある。

 政府は、2019年度に7・48%だった男性の育休取得率を25年に30%まで引き上げる目標を掲げる。法改正で柔軟に休める制度は整うが、どこまで取得が進むかは未知数だ。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 五輪で感染拡大不安、86% (6/20)

     共同通信社が19、20両日に実施した全国電話世論調査によると、東京五輪・パラリンピック開催で、新型コロナウイルスの感染が再拡大する不安を聞いたところ、「ある程度」を含め「不安を感じている」との回答が...

  • 静岡県知事選、投票始まる (6/20)

     任期満了に伴う静岡県知事選は20日、県内1155の投票所で投票が始まった。即日開票され、同日夜に大勢が判明する見通し。立候補しているのは、4選を目指す現職の川勝平太氏(72)と、前自民党参院議員の新...

  • 自民小此木氏、横浜市長選出馬へ (6/19)

     自民党の小此木八郎国家公安委員長(55)=衆院神奈川3区=は任期満了に伴う横浜市長選(8月22日投開票)に立候補する方向で調整に入った。現職閣僚による異例のくら替えとなる。 横浜市はカジノを含む統合...

  • F15の対艦ミサイル見送りへ (6/19)

     政府は、航空自衛隊の主力戦闘機F15への搭載計画を進めている米国製長距離巡航ミサイル2種類のうち、対艦艇ミサイル搭載を見送る方向で調整に入った。米国側が示した巨額要求に対応するためのコスト削減策。約...

  • 知事会「第5波阻止」要請 (6/19)

     全国知事会は19日、新型コロナウイルス対策に関する国への緊急提言を大筋でまとめた。感染力が強いインド株の流行による「第5波」を防ぐため、緊急事態宣言などの解除後も対策の継続を要求。東京五輪・パラリン...