ニュース

大火砕流の犠牲者に遺族ら黙とう 雲仙・普賢岳から30年

2021/6/3 19:15
 雲仙・普賢岳の大火砕流から30年を迎え、報道陣が取材拠点にしていた「定点」で手を合わせる関係者ら=3日午後、長崎県島原市

 雲仙・普賢岳の大火砕流から30年を迎え、報道陣が取材拠点にしていた「定点」で手を合わせる関係者ら=3日午後、長崎県島原市

 長崎県の雲仙・普賢岳で消防団員や警察官、報道関係者ら43人が犠牲となった1991年6月3日の大火砕流から30年となった3日、島原市では、発生時刻の午後4時8分にサイレンが響き、遺族らが黙とうした。

 惨事によって多くの命が失われ、その後の行政の災害対応や報道態勢の在り方の転換につながった。住民主体の復興など新たな取り組みも生まれ、各地で災害が頻発する中、関係者らは教訓を伝えていくことを誓った。

 消防団の詰め所だった同市北上木場町の農業研修所跡地では発生時刻に遺族が鐘を打ち、追悼した。報道陣の取材拠点だった「定点」にも関係者らが訪れ、手を合わせた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 中国船2隻が領海侵入 (6/20)

     第11管区海上保安本部(那覇)は20日、中国海警局の船2隻が午前4時40分ごろから沖縄県・尖閣諸島周辺の領海に相次いで侵入したと発表した。魚釣島の南西約22キロを航行中の日本漁船1隻に接近しようとす...

  • スー・チー氏解放願い渋谷で集会 (6/19)

     ミャンマーで国軍に軟禁されているアウン・サン・スー・チー氏が76歳の誕生日を迎えた19日、在日ミャンマー人らが東京・渋谷の国連大学前に集まり、スー・チー氏の解放を願いビルマ語で祈りをささげた。主催し...

  • さいたま立てこもり現場に刃物 (6/19)

     さいたま市のインターネットカフェ立てこもり事件で、女性店員の監禁容疑で逮捕された無職林一貴容疑者(40)が所持していたとみられる刃物が現場で見つかっていたことが19日、埼玉県警への取材で分かった。県...

  • 裁判しなくてもヘイト被害救済を (6/19)

     ヘイトスピーチに反対する運動団体「のりこえねっと」が19日、オンラインでシンポジウムを開いた。集中的にヘイト被害を受け、裁判で加害者を訴えた在日コリアンの女性3人が登壇。「差別禁止法や人権救済機関の...

  • 帰国できぬ妹に「ごめんね」 (6/19)

     北朝鮮に拉致された田口八重子さん=失踪当時(22)=の兄で家族会代表の飯塚繁雄さん(83)が、19日までに共同通信の電話取材に応じた。拉致問題が進展しない現状を嘆き、帰国が実現しない妹に「ごめんねと...