ニュース

“湿度発電”電池を開発 インフラ監視に活用も

2021/6/4 6:18
 湿度を利用して発電する電池(産業技術総合研究所提供)

 湿度を利用して発電する電池(産業技術総合研究所提供)

 産業技術総合研究所(茨城県)は4日までに、空気中の湿度を利用して発電する電池を開発したと発表した。縦横6センチ、高さ2・5センチで、重さは約50グラム。湿度の変化さえあれば場所を選ばずに発電できる。検査が行き届きにくいトンネルや橋といったインフラの劣化状態や、広大な農地の気温や湿度を測定するセンサーなどの電源として活用できそうだ。

 現状では電流は最大5ミリアンペアと小さいが、複雑な配線や電池交換の手間を省ける利点もあり、駒崎友亮研究員は「電圧や出力を上げて、実用化したい」と意気込む。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • ブラジル株は従来株と同等 (6/18)

     国が監視対象にしている変異株のブラジル株(ガンマ株)は、従来流行していたウイルスと同程度の病原性と増殖性であるとの研究結果を東京大医科学研究所の河岡義裕特任教授らのチームが17日付の米科学アカデミー...

  • 国公立大100校超、接種へ (6/17)

     学生や教職員を対象にした新型コロナウイルスワクチンの大学接種について、国公立大103校が実施を決定したか、実施する方向で検討していることが17日、共同通信の調査で分かった。うち13校は6月中に始める...

  • 中国有人宇宙船、ドッキング (6/17)

     【北京共同】中国が打ち上げた有人宇宙船「神舟12号」は17日午後3時54分(日本時間同4時54分)、建設中の宇宙ステーションとドッキングした。3人の宇宙飛行士が初めての居住者として午後6時48分、ス...

  • 1554人感染、47人死亡 (6/17)

     国内で17日、新たに新型コロナウイルス感染者が1554人確認された。東京452人、神奈川185人、千葉124人、愛知99人、沖縄97人など。死者は東京、愛知、福岡で各7人確認されるなど計47人。 厚...

  • 尾身会長ら、18日に五輪提言 (6/17)

     東京五輪・パラリンピックを巡り、政府の新型コロナ感染症対策分科会の尾身茂会長ら専門家有志は18日夕、開催に伴う感染リスクを評価した提言を発表する。無観客での開催が最も感染リスクが小さいとの内容が盛り...