ニュース

魚介類購入量、18年ぶり増加 水産白書、家庭向け伸び

2021/6/4 9:41
 生鮮魚介類の1世帯当たりの購入量推移

 生鮮魚介類の1世帯当たりの購入量推移

 政府は4日、2020年度版の水産白書を閣議決定した。20年は生鮮魚介類の1世帯当たりの年間購入量が前年比4%増の23・9キロとなり、02年以来18年ぶりに増加したことを報告。新型コロナウイルス感染拡大に伴い外食支出が減った一方で、家庭向けの需要が伸びたのが要因と指摘した。

 年間支出金額も前年比5%増の約4万3600円となった。

 世界では1人当たりの食用魚介類消費量が18年までの半世紀で約2倍に増える中、日本は01年度をピークに減っていると指摘。白書は、生産者側の視点より消費者側の要望に即して商品を提供する「マーケットイン」の考え方が重要だと強調した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • ブラジルの感染死者50万人超 (6/20)

     【サンパウロ共同】ブラジル保健省によると、新型コロナウイルスによる同国の死者が19日、50万800人となった。米ジョンズ・ホプキンズ大によると、50万人を超えたのは米国に次ぎ2カ国目。感染者は約18...

  • 緊急宣言解除へ、飲食店安堵 (6/19)

     新型コロナの緊急事態宣言が20日の期限で解除されることになり、酒類提供などの制限が一部緩和される地域の繁華街では19日、政府の決定後、初の土曜日の夜を迎えた。飲食店経営者は「ようやく営業再開できる」...

  • 主要企業の97%、職場接種へ (6/19)

     新型コロナウイルスワクチンの職場接種に関し、主要116社のうち、97%に当たる112社が実施する意向であることが19日、共同通信のアンケートで分かった。対象は少なくとも計約200万人。59%(69社...

  • 国内1520人感染、28人死亡 (6/19)

     国内で19日、新たに1520人の新型コロナウイルス感染者が確認された。内訳は東京388人、神奈川182人、千葉119人、大阪111人など。死者は北海道と愛知でそれぞれ6人、大阪で5人など計28人。厚...

  • 知事会「第5波阻止」要請 (6/19)

     全国知事会は19日、新型コロナウイルス対策に関する国への緊急提言を大筋でまとめた。感染力が強いインド株の流行による「第5波」を防ぐため、緊急事態宣言などの解除後も対策の継続を要求。東京五輪・パラリン...