ニュース

4月消費支出13・0%増 コロナ落ち込みの反動で

2021/6/4 10:24
 総務省

 総務省

 総務省が4日発表した4月の2人以上世帯の家計調査によると、1世帯当たりの消費支出は30万1043円で、物価変動を除く実質で前年同月比13・0%増となった。増加は2カ月連続。昨年4月は新型コロナウイルスの緊急事態宣言が初めて発令され消費が大きく減少したため、その反動が出た。

 増加幅は、消費増税前の駆け込み需要で伸びた2019年9月の9・5%を上回り、比較可能な01年1月以降最大となった。

 項目別では、スーツやシャツを含む「被服および履物」が84・8%増、通学定期代や鉄道運賃の「交通・通信」は20・1%増となった。


この記事の写真

  •  1世帯当たりの消費支出増減率

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  18日(日本時間 4時) (6/18)

     4時現在           1ドル=             110円25銭〜          110円26銭    前日比  +0円34銭   1ユーロ=            131円33銭...

  • 為替相場  18日(日本時間 2時) (6/18)

     2時現在           1ドル=             110円31銭〜          110円32銭    前日比  +0円28銭   1ユーロ=            131円23銭...

  • NY株、続落 (6/17)

     【ニューヨーク共同】17日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、午前10時現在は前日比115・79ドル安の3万3917・88ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は10・6...

  • NY円、110円後半 (6/17)

     【ニューヨーク共同】17日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午前8時半現在、前日比11銭円高ドル安の1ドル=110円55〜65銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1935〜45ドル、132円03〜1...

  • 石炭火力発電支援の停止を追加 (6/17)

     政府は17日、日本企業の海外インフラ案件の受注促進策を議論する「経協インフラ戦略会議」を開いた。昨年12月にまとめた新戦略を改定し、排出削減対策を講じていない石炭火力発電に対する新規の政府支援を今年...