ニュース

尾身氏、五輪で地域のリスク指摘 「自主的な研究の発表」と厚労相

2021/6/4 12:34

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は4日の衆院厚生労働委員会で、東京五輪・パラリンピック開催について「一般の地域での感染リスクがはるかに問題だ。市民の協力が必要なので市民が納得できるような形での開催、あるいは市民への説明が大事だ」と指摘した。立憲民主党の長妻昭氏への答弁。

 また、尾身氏は五輪開催による感染状況への影響や対策などに関する独自の提言を、20日までに表明する考えを明らかにした。

 田村憲久厚生労働相は、4日の閣議後記者会見で「参考にするものは取り込んでいくが、自主的な研究成果の発表だと受け止める」と述べた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • 五輪会場での酒類販売を容認へ (6/22)

     東京五輪・パラリンピック組織委員会が会場で観客への酒類の販売を認める方向で調整していることが21日、関係者の話で分かった。新型コロナウイルス感染症対策のため、時間帯などに制限を設けるとみられる。 組...

  • プロ野球、五輪期間に非公式試合 (6/22)

     プロ野球が東京五輪期間中に観客を入れて非公式試合を実施する計画であることが21日、分かった。五輪に合わせて7月19日から8月12日までレギュラーシーズンを中断する間の選手の調整が主目的だが、新型コロ...

  • 五輪観客「専門家提言に矛盾」 (6/21)

     東京五輪の観客数上限が21日、最大1万人と正式に決まったことについて海外メディアは軒並み速報し、新型コロナウイルス禍が収まらない中での開催に日本国内で懸念が広がっていることを指摘した上で「専門家の提...

  • 五輪減収で負担協議難航も (6/21)

     東京五輪の観客を制限することに伴い、900億円を見込んでいたチケット収入は大幅に減少する。大会組織委員会の武藤敏郎事務総長は21日の記者会見で「半分を下回る」との見通しを示した。今後、減収分の穴埋め...

  • 新体操個人が新メーク発表 (6/21)

     新体操個人で東京五輪代表となった喜田純鈴(エンジェルRG・カガワ日中)と大岩千未来(イオン)が21日、東京都内で日本代表のオフィシャルパートナー、化粧品大手ポーラから大会本番用の新メークの手ほどきを...