ニュース

75歳医療費、2割負担が成立 年収200万円以上対象

2021/6/4 13:33
 医療制度改革関連法を自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立させた参院本会議=4日午後

 医療制度改革関連法を自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立させた参院本会議=4日午後

 一定の収入がある75歳以上の医療費窓口負担を1割から2割に引き上げる医療制度改革関連法は4日、参院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立した。単身では年金を含む年収200万円以上、夫婦世帯では合計年収320万円以上が対象。引き上げ時期は2022年度後半とし、今後政令で定める。

 人口の多い団塊の世代が22年から75歳以上になり始め医療費が急増するため、高齢者に手厚い給付を見直し、財源を賄う現役世代の保険料負担を抑える狙い。全世代型社会保障への転換の一歩となるが、現役世代が受ける恩恵はわずか。窓口負担増によって高齢者が受診を控える懸念も残る。


この記事の写真

  •  医療費窓口負担割合のイメージ
  •  医療制度改革関連法のポイント

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 政府目標、1日100万回を達成 (6/23)

     新型コロナウイルスワクチンの接種回数が政府目標の1日当たり100万回に到達したことが23日、分かった。医療従事者や一般の接種回数の合計で、6月14日に101万3061回に達した。ただし医療従事者は週...

  • 島根原発2号機、審査に「合格」 (6/23)

     原子力規制委員会は23日の定例会合で、中国電力島根原発2号機(松江市)の安全対策が、新規制基準に適合しているとする「審査書案」を了承、一般からの意見公募を行うことを決めた。事実上の審査合格。 一方、...

  • 40年超原発、初の再稼働 (6/23)

     関西電力は23日、運転開始から40年を超えた美浜原発3号機(福井県美浜町)の原子炉を起動し、再稼働させた。運転期間を「原則40年、最長で延長20年」とする現行ルール下で全国初。東京電力福島第1原発事...

  • アストラ製接種を容認へ (6/23)

     厚生労働省は22日、英アストラゼネカ製の新型コロナワクチンについて無料で打てる公費接種の対象とし、60歳以上に接種するのを認める方向で調整に入った。30日に開かれる同省の専門分科会で可否を議論する。...

  • ファイザー製、7月は希望の半分 (6/22)

     愛知県の大村秀章知事は22日の記者会見で、住民接種に使われる新型コロナウイルスの米ファイザー製ワクチンの7月供給量が、各市町村の希望の半分程度しか予定されていないと明らかにした。早期供給を国に求める...