ニュース

病床使用率の算出方法を変更 厚労省「実態に合わせる」

2021/6/4 18:02

 厚生労働省は4日、新型コロナウイルスの感染状況を示す指標の一つである病床使用率の算出方法を同日から変更すると発表した。一部の地域では使用率が下がる可能性があるが、担当者は「上振れしていた分を実態に合わせる」と説明した。

 政府の対策分科会は、自治体と医療機関が新型コロナ患者受け入れで調整済みの「確保病床」の使用率について、50%以上はステージ4(爆発的感染拡大)、20%以上はステージ3(感染急増)相当としている。

 厚労省はこれまで、確保病床としての調整が終わっていない「一般病床」に入院している場合も、分子となる入院者数に含めて算出し、毎週公表していた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 児童、生徒の学校集団接種を否定 (6/21)

     河野太郎行政改革担当相は21日夜のNHK番組で、12〜15歳の児童、生徒の新型コロナウイルスワクチン接種について、義務ではないとして学校内での集団接種を否定した。「授業時間中の接種は文部科学省が推奨...

  • 国内で868人感染、35人死亡 (6/21)

     国内で21日、新たに868人の新型コロナウイルス感染者が確認された。東京236人、神奈川135人、千葉85人、埼玉53人など。死者は大阪13人、愛知6人、北海道4人などで計35人。 政府の21日の発...

  • 64歳以下接種、本格化 (6/21)

     学生や従業員らを対象とした新型コロナウイルスワクチンの集団接種が21日、大学や企業で続々と始まり、64歳以下の一般接種が本格化した。市町村主体の接種、国や都道府県による大規模会場に続く「第3のルート...

  • 学校での集団接種、推奨せず (6/21)

     中高生への新型コロナウイルスワクチン接種について、文部科学省と厚生労働省が教育委員会などに「学校での集団接種は現時点で推奨しない」との通知を出す検討をしていることが21日、政府関係者への取材で分かっ...

  • 大規模接種会場、各地で開設 (6/21)

     多くの都道府県で21日までに、新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場が開設された。廃棄を防ぐ方策や、旅行客と接触しやすい職種などを対象にした会場の設置など、各自治体が工夫して進めている。 宮城県...