ニュース

オウム病に集団感染か、滋賀 同じ職場の15人が症状

2021/6/4 21:16

 滋賀県は4日、東近江市の60代と40代の女性2人が、鳥から人に感染するオウム病にかかったと発表した。同じ職場の男女13人についてもオウム病の可能性や疑いがある。いずれも3〜4月に発熱などの症状があり、現在はほぼ回復しているという。

 県によると、オウム病はペットなどの鳥のふんに含まれるオウム病クラミジアという細菌に感染して発症する。1〜2週間の潜伏期間の後に発熱やせきなどの症状が出て、高齢者は呼吸困難など重症化したり死亡したりする事例もある。

 60代女性は4月16日、40代女性は同4日に症状を訴え医療機関を受診。国立感染症研究所の検査でオウム病と確定した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 12歳以上「夏休み中に接種を」 (6/20)

     河野太郎行政改革担当相は20日の日本テレビ番組で、12歳以上の児童、生徒への新型コロナウイルスワクチン接種について「子どもたちや学生には夏休み中に打ってもらいたい」と述べた。ワクチンは米ファイザー製...

  • 毎年3千億円の運用益必要 (6/19)

     世界の大学と競合する国内の研究機関を政府がてこ入れする10兆円の「大学基金」を巡り、毎年3千億円の多額の運用益が必要とする試算を、内閣府作業部会の有識者が19日までにまとめた。助成対象を六つの大学と...

  • 主要企業の97%、職場接種へ (6/19)

     新型コロナウイルスワクチンの職場接種に関し、主要116社のうち、97%に当たる112社が実施する意向であることが19日、共同通信のアンケートで分かった。対象は少なくとも計約200万人。59%(69社...

  • 国内1520人感染、28人死亡 (6/19)

     国内で19日、新たに1520人の新型コロナウイルス感染者が確認された。内訳は東京388人、神奈川182人、千葉119人、大阪111人など。死者は北海道と愛知でそれぞれ6人、大阪で5人など計28人。厚...

  • 大阪で111人感染 (6/19)

     大阪府は19日、新型コロナウイルスに111人が感染し、5人が死亡したと発表した。府内の感染確認は10万2334人、死者は2589人となった。 亡くなったのは70〜90代の男女で、死亡日は5月27日〜...