ニュース

米5月の就業者数、55万人増 失業率5・8%に改善

2021/6/4 22:22

 【ワシントン共同】米労働省が4日発表した5月の雇用統計(速報、季節調整済み)で、景気動向を敏感に示す非農業部門の就業者数は前月から55万9千人増加した。新型コロナウイルスのワクチン接種の普及などで復職する人が増え、5カ月連続のプラスとなった。失業率は0・3ポイント改善し、5・8%だった。

 就業者数の増加幅は金融市場が見込んでいた65万人程度を下回った。雇用情勢は回復基調にあるものの、失業率が3%台だったコロナ流行前の水準には遠い。バイデン政権は、巨額の財政出動を議会に求めている。

 就業者数は民間部門で49万2千人増えた。娯楽や観光などの増加が目立った。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  25日(日本時間 4時) (6/25)

     4時現在           1ドル=             110円85銭〜          110円87銭    前日比  +0円02銭   1ユーロ=            132円25銭...

  • 為替相場  25日(日本時間 2時) (6/25)

     2時現在           1ドル=             110円88銭〜          110円89銭    前日比  −0円01銭   1ユーロ=            132円26銭...

  • 「ウィンドウズ11」公開 (6/25)

     【ニューヨーク共同】米マイクロソフト(MS)は24日、新しい基本ソフト(OS)「ウィンドウズ11」を発表した。この日開いたオンラインイベントで公開した。現行の「ウィンドウズ10」が発売されてから約6...

  • 東芝、車谷前社長らの報酬留保 (6/24)

     東芝は24日に公表した2021年3月期の有価証券報告書で、車谷暢昭前社長らへの一部報酬の支給を留保すると明らかにした。昨年の株主総会の運営を巡り、株主提案などを妨害しようとしたとされる問題で、今後事...

  • NY株、一時300ドル超高 (6/24)

     【ニューヨーク共同】24日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日からの上げ幅が一時300ドルを超えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は続伸し、取引時間中の過去最高値を更新した...