ニュース

薬局の社長・役員ら23人が接種 「不適切だった」と認め謝罪

2021/6/5 12:01

 栃木県などで薬局を展開する「パワーファーマシー」(宇都宮市)は5日までに、渡辺和裕社長を含む役職員計23人が4月23日〜6月3日に、新型コロナウイルスのワクチン接種をしていたと発表した。同社は「医療従事者の範囲を広く捉えすぎ不適切だった」と認め、謝罪した。

 23人は薬局業務に常に従事しているわけではないが、配送などで患者に接する可能性があるとして、2月時点で県に接種を申請。その際、23人を薬局に所属していると実態とは異なる記載をしていたという。会社内で問題があるとの意見が上がり、公表を決めた。

 渡辺社長は栃木県薬剤師会の会長も務めている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 変異株にはワクチン効果大幅減も (6/15)

     国立国際医療研究センターのチームは15日、変異株によっては米製薬大手ファイザーの新型コロナウイルスワクチンの働きが弱まる可能性があることを示す研究結果を発表した。ワクチンは、英国株やインド株にも一定...

  • 放射性希ガス濃度、仏上限2倍超 (6/15)

     【パリ、北京、広州共同】中国広東省台山市の台山原発から放射性希ガスが大気中に放出されたとされる問題で、15日付のフランス紙フィガロなどは、原発の冷却水内の希ガス濃度がフランスでは原子炉停止となる上限...

  • 国内1418人感染、67人死亡 (6/15)

     国内で15日、新たに1418人の新型コロナウイルス感染者と67人の死者が報告された。感染者の内訳は東京337人、神奈川160人、大阪110人など。死者は北海道18人、東京12人、神奈川と愛知で各6人...

  • 全国64歳以下の予約受け付け (6/15)

     自衛隊が東京と大阪で運営する新型コロナワクチンの大規模接種センターは16日午前0時から全国の18〜64歳を対象に予約を受け付け、17日に接種を始める。予約には接種券が必要。防衛省が15日、大規模接種...

  • 米ゴールドマン賞、平田仁子氏に (6/15)

     米ゴールドマン環境財団は15日、草の根の環境保護活動家に贈るゴールドマン環境賞の2021年の受賞者に、石炭火力発電所の建設中止を求める活動をする市民団体「気候ネットワーク」の平田仁子理事(50)を選...