ニュース

ワクチン、日本人の効果を検証 厚労省、海外データと比較

2021/6/6 15:41
 米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン

 米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン

 厚生労働省研究班が、国内で使われている新型コロナウイルスワクチンの効果の検証に着手したことが6日、分かった。1500人規模の対象者を接種の有無で分け、感染した人数などを比べる。これまで承認されたワクチンは主に海外の臨床試験のデータを基に判断されており、遺伝的特徴が異なる日本人にどれだけ効果があるのか詳しく調べる。

 まずは接種が進む米製薬大手ファイザー製で実施する。大阪市立大病院の医療従事者や大阪市職員らから参加を募り、接種の有無でグループに分け、半年間観察する。

 調べる項目は、感染した人数や発症した人数、感染を防ぐ血液中の中和抗体の数値や持続する期間。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 全国対象に接種スタート (6/14)

     自衛隊が東京と大阪で運営する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターは14日、全国の65歳以上の高齢者に接種する期間に入った。14〜27日の接種分は、首都圏と関西の計7都府県の地域限定では予約...

  • G7、石炭支援を年内停止 (6/13)

     【コーンウォール共同】先進7カ国首脳会議(G7サミット)の首脳声明は、温室効果ガスの排出抑制対策が講じられていない海外の石炭火力発電に対し、政府の新たな支援を2021年末までに停止するとした。ただ議...

  • ワクチン空の注射器打つ、埼玉 (6/13)

     埼玉県は13日、新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場(さいたま市)で、ワクチンを入れていない空の注射器で、60代男性に注射するミスがあったと発表した。体調に問題はなく、医師の診察後、適切に接種...

  • ワクチン保管用の冷凍庫に不具合 (6/13)

     新型コロナウイルスワクチンを保管する超低温冷凍庫を製造するEBAC(東京)は13日までに、複数の冷凍庫の温度が上昇する不具合が確認されたと発表した。正常に溶接されていなかったことが原因とみられ、対象...

  • 川崎市が6396回分を廃棄 (6/13)

     川崎市は13日、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンを保管していた超低温冷凍庫の温度が上昇する不具合があり、6396回分を廃棄することになったと発表した。当面の必要量は確保しているが、今後の政...