ニュース

ハリス米副大統領が初の外遊 中米、不法移民対策を協議

2021/6/7 10:10
 6日、専用機に乗り込む際、手を振るハリス米副大統領=ワシントン近郊のアンドルーズ基地(ロイター=共同)

 6日、専用機に乗り込む際、手を振るハリス米副大統領=ワシントン近郊のアンドルーズ基地(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】ハリス米副大統領は6日、初外遊として中米グアテマラを訪問した。米南部メキシコ国境で急増する不法移民対策の一環。グアテマラ首脳らと移民発生の根本的な原因となっている貧困や犯罪など社会状況改善に向けて協議する方針だ。

 バイデン大統領は3月にハリス氏を移民対策の責任者に指名した。不法移民対策が米政権の重要課題となる中、今回の外遊で不法移民問題の解決への道筋を付けられるか、ハリス氏の手腕が試されている。

 ハリス氏は7日にグアテマラのジャマテイ大統領らと会談。その後、メキシコも訪れ、ロペスオブラドール大統領と会い、移民対策での連携強化を図る。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • 投票に不審な集計と厳正調査要求 (6/13)

     【リマ共同】ペルー大統領候補でフジモリ元大統領(82)の長女ケイコ・フジモリ氏(46)が12日、首都リマで外国メディア向けに記者会見し、決選投票の集計経過に不審な点があるとして全国選挙審議会による厳...

  • 米仏ワクチン供給で連携 (6/13)

     【コーンウォール共同】バイデン米大統領は12日、先進7カ国首脳会議(G7サミット)出席のために訪れている英南西部コーンウォールで、フランスのマクロン大統領、イタリアのドラギ首相と相次いで就任後初の直...

  • G7の気候変動対策批判 (6/12)

     【コーンウォール共同】先進7カ国首脳会議(G7サミット)が開かれている英南西部コーンウォールで12日、参加国の気候変動政策が不十分だと抗議するデモがあった。サミットを取材する記者らが主な拠点とする港...

  • メッカへの大巡礼、ことしも制限 (6/12)

     【カイロ共同】サウジアラビア巡礼省は12日、7月に始まるイスラム教最大の聖地、西部メッカへの大巡礼(ハッジ)について、新型コロナウイルス対策のため、参加者は外国籍を含む国内居住者に限定すると明らかに...

  • 英女王の95歳誕生日祝賀 (6/12)

     【コーンウォール共同】エリザベス英女王(95)の誕生日を公式に祝う行事が12日行われた。例年、ロンドンのバッキンガム宮殿周辺で行う馬車のパレードは、新型コロナウイルス感染対策のため2年連続で中止。代...