ニュース

東証反発、77円高 米株上昇を好感し買い優勢

2021/6/7 15:11
 東京証券取引所(マーケットセンター)=東京・日本橋兜町

 東京証券取引所(マーケットセンター)=東京・日本橋兜町

 7日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反発した。米経済回復に伴う量的金融緩和の早期縮小への警戒感が和らぎ、前週末の米株が上昇したことを好感した買い注文が優勢となった。

 終値は前週末比77円72銭高の2万9019円24銭。東証株価指数(TOPIX)は1・66ポイント高の1960・85。出来高は約9億4592万株だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • リニアルートの変更「ない」 (6/23)

     JR東海の宇野護副社長は23日の定時株主総会で、リニア中央新幹線の東京・品川―名古屋のルートに関し「変更はあり得ない」と強調し、現行のルートでの建設を進める方針を表明した。今月20日の静岡県知事選で...

  • 東京株式 23日13時     (6/23)

    <225種>          28901円31銭      前日比  +17円18銭  <TOPIX>         1953.76        前日比 −05.77    

  • 為替相場  23日(日本時間13時) (6/23)

    13時現在           1ドル=             110円75銭〜          110円77銭    前日比  −0円27銭   1ユーロ=            132円05銭...

  • みずほ社長が株主に謝罪 (6/23)

     みずほフィナンシャルグループ(FG)は23日、東京都内で定時株主総会を開いた。傘下のみずほ銀行で相次いだシステム障害に関し、坂井辰史社長が「新型コロナウイルス感染拡大で日本全体が困難に直面する中、皆...

  • 孫正義氏「情報革命の資本家に」 (6/23)

     ソフトバンクグループ(SBG)は23日、東京都内で定時株主総会を開いた。孫正義会長兼社長(63)は、投資会社の性格を強める同社の役割について「人工知能(AI)による情報革命で、利益を出していない会社...