ニュース

米、アルツハイマー病新薬承認 約20年ぶり、エーザイ共同開発

2021/6/8 1:11
 アルツハイマー病新薬「アデュカヌマブ」(バイオジェン提供・AP=共同)

 アルツハイマー病新薬「アデュカヌマブ」(バイオジェン提供・AP=共同)

 【ワシントン共同】米食品医薬品局(FDA)は7日、日本の製薬大手エーザイと米バイオ医薬品大手バイオジェンが共同開発したアルツハイマー病新薬「アデュカヌマブ」を承認した。症状を一時的に軽くする薬はあるが、病気が進む仕組みに直接作用し、認知機能の悪化を抑えるとする薬は初めて。アルツハイマー病の新薬承認は約20年ぶり。世界の認知症対策に大きな影響を与えそうだ。

 ロイター通信によると、市販後に有効性を確認する試験の実施を義務付けた。効果が得られなければ、承認の取り消しもあり得るとしている。

 日本の厚生労働省にも昨年12月に承認を申請しており当局が審査中。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 東京で570人感染、3人死亡 (6/24)

     東京都は24日、新型コロナの感染者が新たに570人報告されたと発表した。前週の同じ曜日より118人多い。直近7日間を平均した1日当たりの人数は439・6人で、前週比は113・8%。70〜90代の男性...

  • 国内高齢者、半数超が1回接種 (6/24)

     国内の65歳以上の高齢者のうち、新型コロナウイルスワクチンを少なくとも1回接種した人が半数を超えたことが、政府の集計で24日分かった。高齢者への接種が始まった4月12日から2カ月余り。接種が本格化し...

  • 都内感染は「再拡大の予兆」 (6/24)

     東京都は24日、新型コロナウイルスの感染状況を分析するモニタリング会議を開いた。新規感染者の7日間平均が2週連続で増加して400人台に上り、専門家が「再拡大の予兆が見られる」と指摘。急激なリバウンド...

  • 上皇さま、ハゼ2新種を発見 (6/24)

     宮内庁は24日、ハゼの研究者として知られる上皇さまがオキナワハゼ属の2新種を発見されたと発表した。論文が日本魚類学会の英文誌オンライン版に掲載された。論文発表は退位後、初めて。上皇さまのハゼの新種発...

  • 行方不明のコロナ患者を捜索 (6/24)

     大阪府の吉村洋文知事は24日、新型コロナウイルス感染のため大阪市内のホテルで宿泊療養中に行方不明となった20代男性について、警察に協力を求めて捜索する考えを示した。「本人は発熱症状もなく軽症のようだ...