ニュース

脱炭素へ「代替肉も選択肢」 環境白書、生活様式見直し訴え

2021/6/8 8:27

 政府は8日、2021年版「環境・循環型社会・生物多様性白書(環境白書)」を閣議決定した。温室効果ガスの削減に向け生活様式を見直す必要性を指摘し、大豆など植物性タンパク質を加工した代替肉が「食の選択肢の一つ」になると紹介した。

 白書では、食品の生産や加工、廃棄といった各工程で環境負荷が生じていることを強調。特に肉類は飼料輸送やウシのげっぷなどで温室ガスが多く排出されるとして「何を食べるのかの選択の積み重ねが環境に大きく影響する」と記した。飲食店やスーパーで代替肉の販売が増えているとのコラムも載せた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 学校での集団接種推奨せず (6/22)

     萩生田光一文部科学相は22日の閣議後記者会見で、中高生を対象にした新型コロナウイルスワクチンの学校での集団接種について「接種への同調圧力を生みやすいといった制約があり、現時点で推奨しない」と述べた。...

  • 感染促す“悪玉”増強抗体発見 (6/22)

     人の免疫が体内に入ってきた新型コロナウイルスに対処する際、細胞への侵入をブロックしてくれる善玉の中和抗体だけでなく、ウイルスの侵入を助けてしまう悪玉の「感染増強抗体」も作っていることを大阪大の荒瀬尚...

  • アジア、中南米にワクチン提供へ (6/22)

     【ワシントン共同】バイデン米政権は21日、国外に月末までに提供する計8千万回分の新型コロナワクチンのうち、第2弾となる5500万回分を、第1弾と同様に台湾を含むアジアや中南米、アフリカを中心に割り当...

  • 児童、生徒の学校集団接種を否定 (6/21)

     河野太郎行政改革担当相は21日夜のNHK番組で、12〜15歳の児童、生徒の新型コロナウイルスワクチン接種について、義務ではないとして学校内での集団接種を否定した。「授業時間中の接種は文部科学省が推奨...

  • 国内で868人感染、35人死亡 (6/21)

     国内で21日、新たに868人の新型コロナウイルス感染者が確認された。東京236人、神奈川135人、千葉85人、埼玉53人など。死者は大阪13人、愛知6人、北海道4人などで計35人。 政府の21日の発...