ニュース

4月の給与、前年比1・6%増 残業代の変動が影響

2021/6/8 9:03

 厚生労働省が8日発表した4月の毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上の企業)によると、基本給や残業代を合わせた現金給与総額(名目賃金)は前年同月比1・6%増の27万9135円だった。2カ月連続の増加だった。

 残業代に当たる所定外給与が6・4%増になったことが影響した。緊急事態宣言発令により落ち込みが目立った昨年4月との比較となり、所定外給与の20カ月ぶりの増加につながった。厚労省の担当者は「4月だけで見ると増加した指標も多いが、まだ回復したとは言い切れない。引き続き新型コロナウイルスの影響を注視したい」と話した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京株式 17日午前終値    (6/17)

    <225種>          28906円75銭      前日比 −384円26銭  <TOPIX>         1960.69        前日比 −15.17    

  • 為替相場  17日(日本時間11時30分) (6/17)

    11時30分現在        1ドル=             110円64銭〜          110円68銭    前日比  −0円71銭   1ユーロ=            132円79銭...

  • GM、EV電池を強化 (6/17)

     【ニューヨーク共同】米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は16日、2025年までに電気自動車(EV)と自動運転技術の分野に計350億ドル(約3兆8700億円)を投資すると発表した。従来計画から約...

  • 東京円、110円台後半 (6/17)

     17日午前の東京外国為替市場の円相場はドルに対して下落し、一時1ドル=110円80銭近辺を付けた。4月1日以来、約2カ月半ぶりの円安ドル高水準。 午前10時現在は前日比82銭円安ドル高の1ドル=11...

  • 東証、305円安 (6/17)

     17日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は午前9時15分現在、前日終値比305円41銭安の2万8985円60銭となった。