ニュース

GDP年率3・9%減 1〜3月改定値、上方修正

2021/6/8 12:21
 GDP成長率と内外需実質寄与度

 GDP成長率と内外需実質寄与度

 内閣府が8日発表した2021年1〜3月期の国内総生産(GDP、季節調整値)改定値は物価変動を除いた実質で前期比1・0%減、このペースが1年続くと仮定した年率換算は3・9%減で、速報値の年率5・1%減から上方修正した。1月に新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言が発令された影響で、外出や飲食店営業の自粛が広がり、昨年4〜6月期以来、3四半期ぶりのマイナス成長となった。

 20年度の実質GDP改定値は前年度比4・6%減と、速報値から変わらなかった。

 財務省が発表した今年1〜3月期の法人企業統計などを反映し、5月公表の速報値を見直した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  22日(日本時間 2時) (6/22)

     2時現在           1ドル=             110円17銭〜          110円18銭    前日比  −0円15銭   1ユーロ=            131円31銭...

  • NY株、反発 (6/21)

     【ニューヨーク共同】週明け21日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、午前10時現在は前週末比330・09ドル高の3万3620・17ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は...

  • 給付金不支給で審査請求 (6/21)

     新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金や家賃支援給付金を不当に受け取れなかったとして、飲食店など61事業者が21日、不支給処分の取り消しを求める審査請求を行った。電子申請のため、インターネットに不...

  • NY円、110円前半 (6/21)

     【ニューヨーク共同】週明け21日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午前8時半現在、前週末比12銭円高ドル安の1ドル=110円07〜17銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1880〜90ドル、130円...

  • 東芝、2月の監査委文書を開示 (6/21)

     東芝は21日、海外株主に圧力をかけたなどとされる昨年の定時株主総会を巡り「不当な干渉に関与したことは認められなかった」と結論付けていた今年2月の監査委員会の文書を公表した。外部弁護士の調査報告書が今...