ニュース

ライチョウ保護へ寄付募集 長野県、ふるさと納税活用

2021/6/8 10:27
 北アルプス乗鞍岳から中央アルプス駒ケ岳に移送されたライチョウの雄=5月7日(環境省提供)

 北アルプス乗鞍岳から中央アルプス駒ケ岳に移送されたライチョウの雄=5月7日(環境省提供)

 長野県は8日、国の特別天然記念物で絶滅危惧種のニホンライチョウの保護に役立てるため、ふるさと納税の仕組みを使ったクラウドファンディングを始めた。目標額は200万円で、ライチョウの子育てをサポートする技術者養成や、生態を学べる登山者向け学習動画の作成費に充てる。

 県によると、高山帯のライチョウはここ50年で半減し、現在の生息数は推定1700羽。中央アルプスでは1969年以降、目撃情報がなく絶滅したと考えられていたが、2018年に雌1羽を確認。昨年、北アルプス乗鞍岳から中ア駒ケ岳に19羽を移送するなど、環境省や長野県などが連携して生息数の回復を目指している。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 全市区町村7月末までに完了 (6/17)

     全国の全ての市区町村が、希望する高齢者への新型コロナウイルスワクチン接種を7月末までに完了する見込みであると、16日までの政府の調査に回答したことが分かった。17日にも総務、厚生労働両省が結果を公表...

  • 国内で1710人感染80人死亡 (6/16)

     国内で16日、新たに1710人の新型コロナウイルス感染者と80人の死者が報告された。島根で初の死亡が確認され、これで全ての都道府県で死者が確認された。感染者の内訳は東京501人、神奈川210人、沖縄...

  • 東京で501人感染、12人死亡 (6/16)

     東京都は16日、新型コロナウイルスの感染者が新たに501人報告されたと発表した。500人台を超えたのは今月3日以来で、前週の水曜日だった9日と比べて61人増加。直近7日間を平均した1日当たりの人数は...

  • 政府、ベトナムにワクチン輸送 (6/16)

     政府は16日、新型コロナウイルスのワクチン約100万回分をベトナムに無償提供するため、成田空港発の航空機で発送した。日本からのワクチンの現物供与は、今月4日に124万回分を届けた台湾に続く第2弾。 ...

  • 宣言延長しての五輪が理想 (6/16)

     日本医師会(日医)の中川俊男会長は16日、東京都内で記者会見し、20日に期限を迎える新型コロナウイルスの緊急事態宣言に関し「延長した上で東京五輪、パラリンピック(開催)という流れが理想的だ」と述べた...