ニュース

イラン、数週間で核製造も 米国務長官が危機感

2021/6/8 10:49

 【ワシントン共同】ブリンケン米国務長官は7日の下院外交委員会公聴会の証言で、イランが核開発を進めれば、核兵器1個を製造するのに必要な高濃縮ウランを獲得するまでの期間「ブレークアウト・タイム」が「数週間にまで短縮される」と述べ、強い危機感を示した。

 イラン核合意の再建に向けた米国とイランの間接協議が続いているが「イランに合意を順守するために必要な意志と用意があるかは分からない」と強調。同時に、イランの核開発を合意で定めた水準に戻すために、この枠組みを利用する必要があるとも訴えた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • コロナ支援で朝鮮大生ら「差別」 (6/22)

     国連で人権問題を扱う4人の特別報告者が、新型コロナウイルス禍で困窮する学生に最高20万円を給付した日本政府の支援制度に絡み、朝鮮大学校(東京都小平市)の学生を対象から排除したことは「差別」だとして、...

  • フジモリ氏拘束せずと判断 (6/22)

     【サンパウロ共同】南米ペルーの裁判所は21日、汚職事件に絡んで起訴されている大統領選候補者の中道右派ケイコ・フジモリ氏(46)に対する、検察側の拘束要求を却下した。フジモリ氏が予備的拘束から昨年釈放...

  • ドイツでごみ箱から貴重絵画発見 (6/22)

     【ベルリン共同】ドイツ警察当局は21日までに、高速道路のサービスエリアのごみ用コンテナから17世紀の貴重な油絵2点が見つかったと発表した。パリのルーブル美術館も作品を所蔵するオランダの画家サミュエル...

  • 米欧、ベラルーシに最大級制裁 (6/22)

     【ワシントン、ブリュッセル共同】米国、英国、カナダ、欧州連合(EU)の4者は21日、ベラルーシ当局が5月に旅客機を強制着陸させて反政権派ジャーナリストを拘束した問題を巡り、同国のルカシェンコ政権に対...

  • 米、ライシ師の責任追及へ (6/22)

     【ワシントン共同】米国のサキ大統領報道官は21日の記者会見で、イラン大統領選で当選した反米保守強硬派のライシ司法府代表に対し「人権侵害の責任を追及していく」と述べた。トランプ前米政権は2019年に反...