ニュース

ボーガンの所持、許可制に 改正銃刀法が成立

2021/6/8 15:03

 ボーガンを規制対象に加えた改正銃刀法が8日、衆院本会議で可決、成立した。所持は許可制とし、違反した場合は3年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられる。来年3月までに施行の予定。

 引いた弦を固定する機能があり、人の生命に危険を及ぼす威力を持つボーガンが規制対象となり、用途は射撃競技や動物麻酔などに限られる。目的外使用の罰則は不法所持と同じ。18歳未満やアルコール依存症患者などは不許可とする18項目の欠格事項も設けた。

 所持は都道府県公安委員会発行の許可証が必要となり、原則として講習を義務付け、3年ごとに更新する。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 「物壊れた」と店員呼ぶ、埼玉 (6/20)

     さいたま市のインターネットカフェ立てこもり事件で、20代の女性店員への監禁容疑で現行犯逮捕された住所不定、無職林一貴容疑者(40)が、女性店員に「部屋の物が壊れた」と声を掛けて個室ブースに呼んでいた...

  • 中国船2隻が領海侵入 (6/20)

     第11管区海上保安本部(那覇)は20日、中国海警局の船2隻が午前4時40分ごろから沖縄県・尖閣諸島周辺の領海に相次いで侵入したと発表した。魚釣島の南西約22キロを航行中の日本漁船1隻に接近しようとす...

  • スー・チー氏解放願い渋谷で集会 (6/19)

     ミャンマーで国軍に軟禁されているアウン・サン・スー・チー氏が76歳の誕生日を迎えた19日、在日ミャンマー人らが東京・渋谷の国連大学前に集まり、スー・チー氏の解放を願いビルマ語で祈りをささげた。主催し...

  • さいたま立てこもり現場に刃物 (6/19)

     さいたま市のインターネットカフェ立てこもり事件で、女性店員の監禁容疑で逮捕された無職林一貴容疑者(40)が所持していたとみられる刃物が現場で見つかっていたことが19日、埼玉県警への取材で分かった。県...

  • 裁判しなくてもヘイト被害救済を (6/19)

     ヘイトスピーチに反対する運動団体「のりこえねっと」が19日、オンラインでシンポジウムを開いた。集中的にヘイト被害を受け、裁判で加害者を訴えた在日コリアンの女性3人が登壇。「差別禁止法や人権救済機関の...