ニュース

米、中国にCO2削減前倒し要求 4月、拒否され対立浮き彫りに

2021/6/8 17:37
 中国の解振華担当特使(手前中央右)と写真に納まる米国のケリー大統領特使(同左)ら=4月、中国・上海(中国生態環境省のホームページから、共同)

 中国の解振華担当特使(手前中央右)と写真に納まる米国のケリー大統領特使(同左)ら=4月、中国・上海(中国生態環境省のホームページから、共同)

 【北京、上海共同】米国が地球温暖化を巡る4月の中国との高官協議で、二酸化炭素(CO2)排出量を2030年までに減少に転じさせるとする中国の目標の前倒しを要求し、中国が拒否したことが8日分かった。米側関係者などが明らかにした。米中間で比較的協調できるとみられていた気候変動分野でも、意見対立が浮き彫りになった。

 中国はCO2排出量が増え続け世界最大となっている。60年までに実質ゼロにする国家目標を掲げるが、米国はこの目標も早期に実現させる狙いとみられる。米国や日本は50年までにCO2を含む温室効果ガスの排出を実質ゼロにすると宣言している。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • 米ロ首脳、大使復帰で合意 (6/17)

     【ジュネーブ共同】バイデン米大統領とロシアのプーチン大統領は16日、ジュネーブでバイデン政権発足後初めて直接会談した。プーチン氏は会談後に記者会見し、両国が互いに一時帰国させている大使を復帰させるこ...

  • ミャンマー選手、帰国拒否 (6/17)

     5月下旬に千葉市で行われたサッカー・ワールドカップ(W杯)予選試合で、クーデターを起こしたミャンマー国軍への抗議を示す3本指を掲げた同国のピエ・リヤン・アウン選手(27)が帰国を拒否したことが16日...

  • 中国・上海ディズニーが開園5年 (6/16)

     【上海共同】中国の上海ディズニーランドが16日、開園から5年を迎えた。新型コロナウイルスの影響で昨年は一時閉鎖に追い込まれたが、再開後も若いカップルを中心に人気を維持。ミッキーマウスやミニーマウスら...

  • 中国、原発の燃料棒破損と発表 (6/16)

     【北京共同】中国広東省の台山原発から放射性希ガスが大気中に放出されたと報じられた問題で、中国生態環境省は16日、同原発の燃料棒の破損により冷却材中の放射性物質の濃度が上昇したと発表した。情報公開を求...

  • 日米の絆「誇りに思う」 (6/16)

     東京での勤務を終えて17日に米国に帰国するジョセフ・ヤング駐日臨時代理大使が16日、離任に際してビデオメッセージを公表した。日米関係は「今世紀の最も重要な同盟だ」と強調し「この数年間で日本とのパート...