ニュース

五輪は「リスク」と懸念 分科会メンバーが英紙に

2021/6/9 7:17
 押谷仁・東北大教授

 押谷仁・東北大教授

 【ロンドン共同】政府の新型コロナウイルス対策分科会メンバーの押谷仁・東北大教授が、東京五輪・パラリンピックの開催について懸念を示したと8日、英紙タイムズ(電子版)が伝えた。同紙の取材に対して「政府や組織委員会は安全な五輪を開催すると言い続けているが、リスクがあるのは誰もが分かっていること」などと語った。

 同教授はリスクを検証するために必要な情報を得られていないことに疑問を呈し「どの国から何人が訪れるのか、今もまだ分からないのが問題」と述べた。記事では専門家が開催を危険と結論付ければ、中止論がさらに高まると指摘した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • JOC新専務に卓球星野氏で調整 (6/24)

     25日に役員改選する日本オリンピック委員会(JOC)の実務面で重責を担う新専務理事に、日本卓球協会専務理事の星野一朗氏(66)が就任する方向で調整されていることが24日、複数の関係者への取材で分かっ...

  • C大阪、2―0で好発進 (6/24)

     サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は24日、タイのブリラムで東地区の1次リーグJ組が始まり、3年ぶり4度目の出場のC大阪は、奥埜とチアゴの得点で2―0と広州FC(中国)を下し、好スター...

  • 世界新出ないとボルト氏 (6/24)

     【ジュネーブ共同】陸上男子短距離の元スター選手で2017年に引退したウサイン・ボルト氏(ジャマイカ)が東京五輪開幕まで1カ月となった23日、国際オリンピック委員会(IOC)のイベントで、今夏の五輪で...

  • 卓球女子、伊藤「金メダル三つ」 (6/24)

     卓球女子で東京五輪代表の伊藤美誠(スターツ)が24日、オンラインで取材に応じ、女子のシングルスと団体、混合ダブルスの3種目に出る本番へ「(前回大会の)リオはどちらかというと引っ張られていた側。今回は...

  • オ2―5日(24日) (6/24)

     日本ハムが快勝した。一回に王柏融の適時打で先制。三回に高浜と王柏融の適時打、四回には野村の1号ソロで突き放した。伊藤が6回2失点で自身4連勝の5勝目。オリックスは増井が5失点と打ち込まれ、連勝が11...