ニュース

建設石綿、給付金法が成立 訴訟外に最大1300万円

2021/6/9 12:02
 開かれた参院本会議=9日午前

 開かれた参院本会議=9日午前

 建設現場でアスベスト(石綿)を吸って肺がんや中皮腫などの病気になった元労働者や遺族のうち、国などに損害賠償を求める訴訟を起こしていない人を対象とした給付金制度を創設する法律が9日の参院本会議で、全会一致で可決、成立した。健康被害の程度に応じ1人当たり550万〜1300万円を支給するのが柱。制度は来年度に運用が始まる見通しで、訴訟原告らの求めていた幅広い被害救済の実現へ向けて大きく前進する。

 政府は給付対象者を最大約3万1千人、かかる費用を総額約4千億円と見込み、国費から基金を積む。

 同法によると、有症者や療養中の人の給付額は病態により550万など5段階。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 女性人質に男立てこもり (6/17)

     17日午後、さいたま市大宮区のJR大宮駅前のビルにあるインターネットカフェで、男が20代の女性店員を人質に立てこもった。埼玉県警は人質の安否確認を急ぐとともに、男との交渉を続けている。 県警によると...

  • 東京水害広域避難74万人に圧縮 (6/17)

     国や東京都は17日、超大型台風などによる大規模水害への対応方針をまとめた。255万人の移動を想定してきた近隣自治体への広域避難は、実施が難しいと判断し、対象を約3割の74万人に圧縮。親戚・知人宅やビ...

  • 斜面風化を告知せずと提訴 (6/17)

     神奈川県逗子市で昨年、建物下の斜面が崩れ女子高生が死亡する事故のあったマンション住民が、建築前の調査で斜面の風化や一部崩落が判明したのに告知せず販売したとして、売り主らに損害賠償を求め横浜地裁に提訴...

  • 旭川医大学長が辞任届提出 (6/17)

     国立大学法人旭川医科大(北海道旭川市)の吉田晃敏学長の代理人弁護士は17日、学長が辞任届を文部科学相に提出したと明らかにした。吉田氏を巡っては新型コロナのクラスターが発生した病院などへの不適切発言が...

  • 大学の対面授業受けられず損害 (6/17)

     東京都立川市に住む明星大2年の男子学生(19)が17日、新型コロナの影響で約1年間、対面授業を受けられなかったとして、運営する学校法人に対し、授業料の一部や通学できなかった精神的損害計145万円を賠...