ニュース

ガソリン2週ぶり値上がり 全国平均152円90銭

2021/6/9 14:51
 ガソリンスタンド

 ガソリンスタンド

 経済産業省が9日発表した7日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、5月31日時点の前回調査と比べて40銭高い152円90銭だった。2週ぶりの値上がりとなった。

 調査した石油情報センターによると、欧米を中心に新型コロナウイルスワクチン接種が進み、経済活動の活発化が見込まれるとして原油価格が上昇、小売価格に転嫁された。来週も値上がりを予想した。

 ハイオクは1リットル当たり40銭高い163円70銭、軽油は50銭高の133円10銭だった。灯油は18リットル(一般的なタンク1個分)当たり6円高い1684円だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 輸入木材高騰「ウッドショック」 (6/23)

     新型コロナウイルス禍からの経済回復が進む米中で木材需要が高まり、日本の輸入木材価格が高騰している。不足感で国産材も値上がりし、業界では1970年代に起きた石油ショックになぞらえ「ウッドショック」とも...

  • 為替相場  23日(日本時間18時) (6/23)

    18時現在           1ドル=             110円90銭〜          110円91銭    前日比  −0円42銭   1ユーロ=            132円34銭...

  • 東証小幅反落、終値9円安 (6/23)

     23日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は小幅反落した。終値は前日比9円24銭安の2万8874円89銭。米国の金融政策の動向に対する不透明感がいまだ晴れず、様子見ムードが広がって前日終値付近で...

  • ガソリン価格、155円60銭 (6/23)

     経済産業省が23日発表した21日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、14日時点の前回調査と比べて1円10銭高い155円60銭だった。値上がりは3週連続で、2018年11月以...

  • 水素、生産もCO2ゼロに (6/23)

     東京電力やENEOS(エネオス)ホールディングスが次世代エネルギーの水素を、環境の負荷を一段と抑えて利用しようと模索している。水素は使用時に二酸化炭素(CO2)を排出しないが、石炭や天然ガスから水素...