ニュース

蚊の唾液に痛み抑制成分 刺され気付かない理由か

2021/6/9 16:04
 人の皮膚に針を刺して吸血する蚊(大日本除虫菊提供)

 人の皮膚に針を刺して吸血する蚊(大日本除虫菊提供)

 蚊の唾液には、人の細胞にある痛みを感じるセンサー役のタンパク質の働きを抑える成分が含まれることが分かった。生理学研究所(愛知県)や富山大、関西大(大阪府)などの研究チームが9日までに、国際学会誌に発表した。

 蚊に刺されても気付きにくいのは、針が直径70マイクロメートルと非常に細いためだと考えられていたが、この成分も関わっている可能性がある。吸血する際に、血を固まりにくくしたり、かゆみを引き起こしたりする作用のある唾液を出すことは知られていた。

 生理研の富永真琴教授は「蚊の唾液を詳しく調べれば、新しい鎮痛薬の開発につながるかもしれない」と話している。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 全市区町村7月末までに完了 (6/17)

     全国の全ての市区町村が、希望する高齢者への新型コロナウイルスワクチン接種を7月末までに完了する見込みであると、16日までの政府の調査に回答したことが分かった。17日にも総務、厚生労働両省が結果を公表...

  • 国内で1710人感染80人死亡 (6/16)

     国内で16日、新たに1710人の新型コロナウイルス感染者と80人の死者が報告された。島根で初の死亡が確認され、これで全ての都道府県で死者が確認された。感染者の内訳は東京501人、神奈川210人、沖縄...

  • 東京で501人感染、12人死亡 (6/16)

     東京都は16日、新型コロナウイルスの感染者が新たに501人報告されたと発表した。500人台を超えたのは今月3日以来で、前週の水曜日だった9日と比べて61人増加。直近7日間を平均した1日当たりの人数は...

  • 政府、ベトナムにワクチン輸送 (6/16)

     政府は16日、新型コロナウイルスのワクチン約100万回分をベトナムに無償提供するため、成田空港発の航空機で発送した。日本からのワクチンの現物供与は、今月4日に124万回分を届けた台湾に続く第2弾。 ...

  • 宣言延長しての五輪が理想 (6/16)

     日本医師会(日医)の中川俊男会長は16日、東京都内で記者会見し、20日に期限を迎える新型コロナウイルスの緊急事態宣言に関し「延長した上で東京五輪、パラリンピック(開催)という流れが理想的だ」と述べた...