ニュース

障害原因はソフトの誤り 世界規模でサイト一時停止

2021/6/9 18:06

 米クラウドサービス提供会社のファストリーは9日までに、世界規模でメディアやインターネット通販のウェブサイトが8日に一時停止した問題を巡り、ソフトウエアのバグが障害の原因だったと明らかにした。問題が発生してから約1時間でサービスの大部分は回復し、バグは既に修正したという。

 ファストリー幹部のニック・ロックウェル氏はブログで「障害は広範囲で深刻だった。お客さまと利用者に影響を与え申し訳ない」と陳謝した。原因を調査している。

 ファストリーが提供する「コンテンツ・デリバリー・ネットワーク」サービスは、日本でも展開し、日本経済新聞社やメルカリなどが利用している。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  25日(日本時間 4時) (6/25)

     4時現在           1ドル=             110円85銭〜          110円87銭    前日比  +0円02銭   1ユーロ=            132円25銭...

  • 為替相場  25日(日本時間 2時) (6/25)

     2時現在           1ドル=             110円88銭〜          110円89銭    前日比  −0円01銭   1ユーロ=            132円26銭...

  • 「ウィンドウズ11」公開 (6/25)

     【ニューヨーク共同】米マイクロソフト(MS)は24日、新しい基本ソフト(OS)「ウィンドウズ11」を発表した。この日開いたオンラインイベントで公開した。現行の「ウィンドウズ10」が発売されてから約6...

  • 東芝、車谷前社長らの報酬留保 (6/24)

     東芝は24日に公表した2021年3月期の有価証券報告書で、車谷暢昭前社長らへの一部報酬の支給を留保すると明らかにした。昨年の株主総会の運営を巡り、株主提案などを妨害しようとしたとされる問題で、今後事...

  • NY株、一時300ドル超高 (6/24)

     【ニューヨーク共同】24日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日からの上げ幅が一時300ドルを超えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は続伸し、取引時間中の過去最高値を更新した...