ニュース

「村八分」賠償命令が確定、大分 双方控訴せず

2021/6/9 18:13

 Uターンした大分県宇佐市の集落で差別的な扱いを受けたとして、男性(72)が自治区長だった3人と市に損害賠償を求めた訴訟で、「村八分」の不法行為があったと認め3人に賠償を命じた大分地裁中津支部判決に対し、男性と区長3人とも控訴しない方針であることが9日、双方への取材で分かった。

 区長3人に計110万円、うち1人にはさらに33万円の支払いを命じ、市への請求を棄却した判決が10日確定。

 男性代理人の中山知康弁護士は、区長側から、支払いに応じる旨の連絡と、集落の年間行事予定が送られてきたとし「関係改善の兆しが見られる」と説明した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 横浜で国際園芸博開催へ (6/22)

     政府は22日、国際園芸博覧会を2027年に横浜市で開催するため、博覧会国際事務局へ認定申請することを閣議了解した。同種の国際園芸博の国内開催は、1990年に大阪市で開かれた「国際花と緑の博覧会(花の...

  • ウーバージャパン書類送検 (6/22)

     不法残留しているベトナム人らを配達員として働かせたとして、警視庁組織犯罪対策1課は22日、入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで、食事宅配サービス「ウーバーイーツ」を運営していた日本法人「Uber ...

  • JR東日本のトラブル「遺憾」 (6/22)

     赤羽一嘉国土交通相は22日の閣議後記者会見で、JR東日本の変電所の送電が止まって山手線などが運転を見合わせた20日のトラブルについて「多くの乗客が長時間にわたって車内で待つことを強いられたのは遺憾」...

  • 「赤木ファイル」に佐川氏 (6/22)

     森友学園の国有地売却問題を巡る財務省の決裁文書改ざんで2018年3月、自殺に追い込まれた近畿財務局の元職員赤木俊夫さん=当時(54)=が改ざんの過程をまとめた「赤木ファイル」が22日、妻雅子さん(5...

  • 記述式・英語検定、断念へ (6/22)

     大学入試の在り方を検討する文部科学省の有識者会議は22日、2025年1月以降の大学入学共通テストにおける英語民間検定試験と記述式問題の導入について「実現は困難と言わざるを得ない」とする提言案を示した...