ニュース

趙紫陽氏の旧宅、遺族が退去開始 中国、民主派交流の場が消滅

2021/6/9 19:51
 遺影が飾られた故趙紫陽氏の旧宅=2019年10月、北京(共同)

 遺影が飾られた故趙紫陽氏の旧宅=2019年10月、北京(共同)

 【北京共同】1989年の天安門事件で失脚した故趙紫陽・元中国共産党総書記の北京市内の旧宅で遺族が退去作業を始めたことが9日、関係者への取材で分かった。当局の指示で今春から準備を進めていた。民主派が交流してきた「象徴的な場」が失われることになる。

 民主化を求めた学生らに理解を示した趙氏は、この旧宅で軟禁状態となり、2005年に死去。現在は長女夫妻が暮らし、19年までは趙氏の遺灰を保管していた。同年10月には北京郊外に遺灰は埋葬され、その後党が退去を要求していた。

 旧宅は趙氏の命日や誕生日などに、事件の遺族や政治改革を願う人々が集まる場となってきた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • 中国「武漢研究者にノーベル賞」 (6/17)

     【北京共同】中国外務省の趙立堅副報道局長は17日、新型コロナウイルスが中国科学院武漢ウイルス研究所から漏えいしたとの説を米国側が言い立てているとして「デマ」だと反発した。武漢の研究者らの新型コロナ研...

  • 中国でG7を動物に模した風刺画 (6/17)

     【北京共同】先進7カ国(G7)首脳会議をやゆする風刺画が、中国のインターネット上で広がっている。レオナルド・ダビンチの名画「最後の晩餐」を題材に、参加国を動物に模したパロディーだ。G7に反発する中国...

  • 日米韓、21日に高官協議 (6/17)

     【ソウル共同】韓国外務省は17日、日米韓3カ国が北朝鮮担当高官による会合を21日に韓国で開催すると発表した。日韓、米韓の2国間会合も行われる。バイデン米政権は対北朝鮮政策の見直しを終えており、今後の...

  • 中国、台山原発の報道規制 (6/17)

     【北京共同】中国広東省の台山原発の燃料棒が破損し冷却材中の放射性物質の濃度が上昇した問題で、中国メディアは17日、詳細な報道をせず、政府発表のみを伝えた。原発を海外へ売り込むなど拡大路線を続ける習近...

  • 朝鮮戦争「終戦宣言へ総力を」 (6/17)

     【ソウル共同】韓国国会(定数300)の議員180人と約250の市民団体は17日、休戦状態にある朝鮮戦争の終戦宣言と平和協定締結に向け総力を挙げるよう韓国政府に求める声明を発表した。停滞する北朝鮮との...