ニュース

改正国民投票法、11日に成立へ 参院憲法審査会で可決

2021/6/9 21:36

 憲法改正手続きに関する国民投票法改正案は9日の参院憲法審査会で、自民、立憲民主、公明、国民民主各党などの賛成多数で可決された。自民、立民は今国会中の成立で合意しており、改正案は国会提出から約3年を経て、11日の参院本会議で可決、成立する見通しだ。今後の憲法論議の進め方には、与野党の間になお隔たりがある。

 成立後の焦点は、政党のスポットCMやインターネット広告の規制と、具体的な改憲論議に移る。自民、公明などは早期に改憲項目の議論を始めるよう主張。立民はCM規制などを優先すべきだとしている。

 与党は5月に、立民の提案を受け入れる形で改正案を修正した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 日本のジェンダー分野遅れ認める (6/22)

     政府は22日、国連が定める「持続可能な開発目標(SDGs)」実現を目指す推進本部会合を官邸で開き、2030年達成に向けた進捗状況の報告書をまとめた。世界の男女格差を測る「ジェンダー・ギャップ指数」で...

  • 河野氏、「夏休み接種」発言訂正 (6/21)

     河野太郎行政改革担当相は21日午後、新型コロナウイルスワクチン接種を巡る自身の二つの発言を修訂正した。接種を進めたいばかりに勇み足となったようだ。訂正したのは、12歳以上の児童、生徒への接種について...

  • 日米韓、対話解決へ協力で一致 (6/21)

     【ソウル共同】日米韓3カ国の北朝鮮担当高官が21日、ソウルで非核化問題について協議した。韓国外務省によると、3者は北朝鮮との速やかな対話再開を通して朝鮮半島の完全な非核化などが進展するよう3カ国の協...

  • 河井元法相の保釈、高裁も認めず (6/21)

     2019年の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、公選法違反(買収、事前運動)の罪で実刑判決を受け、東京拘置所に再度収容された元法相の前衆院議員河井克行被告(58)について、東京高裁(若園敦雄裁判長)は...

  • 市長の10万円公約、3万に減額 (6/21)

     香川県丸亀市議会は21日の本会議で、新型コロナウイルス感染拡大を受けた経済対策として松永恭二市長が提出した全市民に1人5万円を給付する経費を盛り込んだ補正予算案について、給付額を3万円に減額した修正...