ニュース

大阪、第5波へ3500床目指す 転退院円滑化へ調整組織も

2021/6/9 21:59

 大阪府は9日、今後予想される新型コロナウイルスの感染第5波に備え、病床の確保計画を大幅に強化することを決めた。医療関係者らとの協議会で大筋了承された。今春の第4波で病床不足に陥った経験を踏まえ、重症病床は現在の最大224床から500床へ、中等症・軽症病床は現在の最大1800床から3千床への拡大を目指す。

 また、病床を機動的に空け、新たな入院者を受け入れやすくする施策も導入する。コロナからは回復したが、持病や体力低下のため引き続き療養が必要な人に一般病床に移ってもらうため、受け入れ先探しなど調整役となる「転退院サポートセンター」を設置する。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 25府県に冷凍庫回収を連絡 (6/14)

     厚生労働省は14日、新型コロナウイルスワクチンを保管していたEBAC(東京)社製の超低温冷凍庫に温度が上昇する不具合があったとして、同型式の冷凍庫を配備した25府県に、回収対象になると連絡したことを...

  • 読売新聞が職場接種開始 (6/14)

     読売新聞グループ本社は14日、新型コロナウイルスワクチンの職場接種を東京都の本社ビル内にある診療所で始めたことを明らかにした。医師の確保や備品調達などの準備を整えていたため、早めに実施できることにな...

  • ワクチン職場接種、日航も開始 (6/14)

     企業の従業員らを対象とした新型コロナウイルスワクチンの職場接種が始まった。先陣を切ったのは航空業界で、全日本空輸が13日から羽田空港で実施、日本航空も14日に開始した。両社は当初、政府が開始の目安と...

  • コロナでも安心な避難体制整備を (6/14)

     全国知事会で防災分野を担当する黒岩祐治神奈川県知事は14日、内閣府で小此木八郎防災担当相と面会し、新型コロナウイルスなどの感染症がまん延する中でも、災害時に住民が安心して避難できる体制整備を要請する...

  • 無病息災願い紫陽花祭、和歌山 (6/14)

     和歌山県那智勝浦町の世界遺産・熊野那智大社で14日、アジサイの花を神前に供えて自然の恵みに感謝し、梅雨の時期の無病息災を祈る恒例の「紫陽花祭」が開かれた。 大社の参道や境内に植えられた約2千株の色と...