ニュース

毒物カレー事件で再審請求 「第三者の犯行」と主張

2021/6/10 6:37
 林真須美死刑囚

 林真須美死刑囚

 1998年に和歌山市で4人が死亡した毒物カレー事件で、殺人罪などで2009年に死刑が確定した林真須美死刑囚(59)の弁護人を務める生田暉雄弁護士は9日、和歌山地裁に新たに再審請求を申し立てたと明らかにした。5月31日付。「第三者による犯行は明白で、林死刑囚は無罪」と主張している。

 林死刑囚は死刑確定後の09年7月に既に再審請求をしており、再審を認めなかった20年3月の大阪高裁決定を不服として最高裁に特別抗告中。生田弁護士は「異なる申し立ての理由があれば、さらに再審請求できる」と説明している。

 生田弁護士は「無罪とするべき明らかな新証拠を発見した」と主張。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 夫婦別姓、23日に憲法判断へ (6/18)

     夫婦別姓を認めない民法や戸籍法の規定は、法の下の平等を定めた憲法に反するとして、東京都内の事実婚の夫婦3組がそれぞれ起こした家事審判の特別抗告審で、最高裁大法廷(裁判長・大谷直人長官)は18日までに...

  • ヤミ金疑いでベトナム人逮捕 (6/18)

     兵庫県警は18日、新型コロナウイルス禍で困窮するなどした在日ベトナム人ら向けにヤミ金融を営んだとして、貸金業法違反(無登録営業)や出資法違反(超高金利)の疑いで、ベトナム国籍の無職グエン・ディン・ダ...

  • 入管収容死、支援者が告発 (6/18)

     名古屋出入国在留管理局(名古屋市)の施設に収容中のスリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん(33)が死亡した問題で、支援者の平田雅己名古屋市立大准教授は18日、保護責任者遺棄致傷容疑の告発状を名古...

  • 遊具でけがと虚偽説明指示 (6/18)

     福岡、鹿児島両県で2月、子ども3人の遺体が見つかった事件で、うち9歳だった男児への傷害致死などの疑いで再逮捕された父親の田中涼二容疑者(41)が、暴行によるけがについて「ジャングルジムから落ちた」と...

  • ディノスに課徴金命令、消費者庁 (6/18)

     筋肉に電気刺激を与えるベルトを使用すれば「短期間で痩身効果がある」とうたい、販売した通販大手「DINOS CORPORATION」(東京)に対し、消費者庁は18日、根拠がなく景品表示法違反(優良誤認...