ニュース

NY株続落、152ドル安 高値警戒で売り

2021/6/10 5:51

 【ニューヨーク共同】9日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比152・68ドル安の3万4447・14ドルで取引を終えた。高値への警戒感から景気に敏感とされる銘柄を中心に売りが優勢となった。

 朝方は米長期金利が低下したことからIT関連銘柄が買われたが、その後は売りに押された。10日に5月の米消費者物価指数の発表を控え、様子見ムードも強かった。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は反落し、13・16ポイント安の1万3911・75。

 個別銘柄では、建設機器のキャタピラーや航空機のボーイングが売られた。製薬のメルクは買われた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  18日(日本時間 1時) (6/18)

     1時現在           1ドル=             110円28銭〜          110円29銭    前日比  +0円31銭   1ユーロ=            131円36銭...

  • NY株、続落 (6/17)

     【ニューヨーク共同】17日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、午前10時現在は前日比115・79ドル安の3万3917・88ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は10・6...

  • NY円、110円後半 (6/17)

     【ニューヨーク共同】17日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午前8時半現在、前日比11銭円高ドル安の1ドル=110円55〜65銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1935〜45ドル、132円03〜1...

  • 石炭火力発電支援の停止を追加 (6/17)

     政府は17日、日本企業の海外インフラ案件の受注促進策を議論する「経協インフラ戦略会議」を開いた。昨年12月にまとめた新戦略を改定し、排出削減対策を講じていない石炭火力発電に対する新規の政府支援を今年...

  • 東商、中小企業対象に共同接種 (6/17)

     東京商工会議所は17日、会員の中小企業を対象とした新型コロナワクチンの共同接種を7月8日に始めると発表した。政府は中小企業の接種について商工会議所などを通じた共同実施を想定しており、実現の道筋が付い...