ニュース

児童労働、コロナで増加に転じる 1億6千万人とILO推計

2021/6/10 9:13

 【ジュネーブ共同】国際労働機関(ILO)と国連児童基金(ユニセフ)は10日、昨年に世界で5〜17歳の子ども1億6千万人が、国際条約で禁じられている「児童労働」に従事したとの推計を発表。4年ごとの推計で、過去20年間は減少が続いてきたが、新型コロナウイルス感染症の世界的大流行を受け、増加に転じた。

 児童労働に従事したのは世界の5〜17歳の約10人に1人に相当し、前回2016年の推計から840万人増加。内訳は男子が9700万人で、女子が6300万人。全体の半数近くの7900万人は、安全面に問題があり健康を害する恐れがある危険な作業を行っていたとみられる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • 米ロ首脳、対立打開を模索 (6/16)

     【ジュネーブ共同】バイデン米大統領とロシアのプーチン大統領は16日、ジュネーブでバイデン政権発足後初めて直接会談した。民主主義勢力を結集して中国やロシアの専制主義に対抗するバイデン氏の独自外交が本格...

  • 中国・上海ディズニーが開園5年 (6/16)

     【上海共同】中国の上海ディズニーランドが16日、開園から5年を迎えた。新型コロナウイルスの影響で昨年は一時閉鎖に追い込まれたが、再開後も若いカップルを中心に人気を維持。ミッキーマウスやミニーマウスら...

  • 中国、原発の燃料棒破損と発表 (6/16)

     【北京共同】中国広東省の台山原発から放射性希ガスが大気中に放出されたと報じられた問題で、中国生態環境省は16日、同原発の燃料棒の破損により冷却材中の放射性物質の濃度が上昇したと発表した。情報公開を求...

  • 日米の絆「誇りに思う」 (6/16)

     東京での勤務を終えて17日に米国に帰国するジョセフ・ヤング駐日臨時代理大使が16日、離任に際してビデオメッセージを公表した。日米関係は「今世紀の最も重要な同盟だ」と強調し「この数年間で日本とのパート...

  • 日米韓、韓国で高官会合を調整 (6/16)

     【ワシントン共同】日米韓3カ国が北朝鮮担当高官による会合を韓国で今月下旬にも開催する方向で調整に入った。米側は担当特使に起用されたソン・キム駐インドネシア大使が参加する予定で、滞在中に北朝鮮側と接触...