ニュース

ウイグル巡り意見書採択、全国初 兵庫県議会、実態調査求める

2021/6/10 11:39

 兵庫県議会は10日までに、中国の新疆ウイグル自治区で強制労働などの人権侵害が行われているとして、日本政府に実態調査の実施を求める意見書を全会一致で採択した。全国都道府県議会議長会によると、ウイグル問題を巡り都道府県議会として意見書を採択するのは初めて。

 意見書では「日本政府はウイグル人への弾圧について、懸念をもって注視しているとの発言にとどまっているが、中国政府による人権侵害は看過できない問題」と指摘。調査で問題が確認された場合は「関係各国や国際機関と連携し、基本的人権の尊重および法の支配が中国でも保障されるように働き掛けるよう強く要望する」としている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 平井デジ相、文春報道に反論 (6/18)

     平井卓也デジタル改革担当相は18日の記者会見で、デジタル庁で使う予定だったシステムの入札を巡り、官製談合防止法に抵触する発言があったとする週刊文春報道に反論した。「具体的な企業名を挙げた事実はない」...

  • デジタル庁、民間ビルに入居 (6/18)

     平井卓也デジタル改革担当相は18日の記者会見で、9月に発足するデジタル庁のオフィスを明らかにした。東京都千代田区紀尾井町の複合施設「東京ガーデンテラス紀尾井町」にある地上36階建ての紀尾井タワーに入...

  • 河野氏、中小職場接種で設備補助 (6/18)

     河野太郎行政改革担当相は18日の記者会見で、中小企業の職場接種を推進するため、運営費用を補助する方針を明らかにした。接種1回当たり千円が上限で、会場設営や備品購入などに企業が実際に支払った費用に充て...

  • 厚労相「予兆あれば強い措置」 (6/18)

     田村憲久厚生労働相は18日の記者会見で、沖縄を除く9都道府県の緊急事態宣言が20日の期限で解除されることを巡り、再び感染拡大の予兆があれば、より強い措置を取る考えを示した。「国民の命に影響が出ないよ...

  • 安倍氏、次期衆院選「勝ち抜く」 コロナ禍、厳しい戦いとも (6/18)

     自民党の安倍晋三前首相(衆院山口4区)は18日に放送されたニッポン放送のラジオ番組で、次期衆院選に関し「菅義偉首相を中心に戦い抜かなければいけない。新型コロナウイルス禍を克服し、日本がV字回復してア...