ニュース

G7ガソリン車規制議論か 米報道、時期巡り一致せず

2021/6/11 7:09

 【コーンウォール共同】米ブルームバーグ通信は10日、日米欧の先進7カ国(G7)が11〜13日に英国で開く首脳会議(サミット)の合意文書を巡り、ガソリン車やディーゼル車の新車販売の規制を議論していると報じた。各国は電気自動車(EV)への移行を促す政策を推進するが、実現を目指す時期を巡って一致せず、合意の見通しは不透明だ。

 ブルームバーグが入手した草案では「30年かそれよりも早い時期に」販売する乗用車の過半を、温室効果ガスを排出しないEVなどにするために「努力する」との文言が記載されていた。参加国ごとの賛否は不明だが具体的な方策で意見の隔たりがあるという。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  15日(日本時間21時) (6/15)

    21時現在           1ドル=             110円12銭〜          110円13銭    前日比  −0円43銭   1ユーロ=            133円31銭...

  • ピーチ、大阪・泉佐野市と協定 (6/15)

     関西空港を拠点とする格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションは15日、地元自治体の大阪府泉佐野市と包括連携協定を結んだ。新型コロナウイルス禍の収束や2025年の大阪・関西万博開催を見据え、地域...

  • ドローン配送実用化へ提携 (6/15)

     日本郵便は15日、ドローン開発を手掛けるベンチャー企業、自律制御システム研究所(ACSL)と郵便・物流分野での連携を深めるため業務提携を結んだ。ACSLが機体システムを開発し、日本郵便は2023年度...

  • 東芝株主へ政府関与、正当と反論 (6/15)

     梶山経産相は15日の記者会見で、東芝の昨年の株主総会運営を巡り、経産省が不当に関与したとの調査報告書に反論した。梶山氏は安全保障に関わる事業を手掛ける東芝の技術発達が目的だったと正当性を主張した。 ...

  • 東京円、110円台前半 (6/15)

     15日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=110円台前半で取引された。 午後5時現在は前日比35銭円安ドル高の1ドル=110円04〜05銭。ユーロは71銭円安ユーロ高の1ユーロ=133円62〜66銭...